フッ素で虫歯は防げない

お問い合わせはこちら

フッ素で虫歯は防げない

フッ素で虫歯は防げない

2020/11/02

いつも歯を磨く際は、どんなハミガキ粉を使っていますか?

CMでも盛んに言われていますが、市販されているハミガキ粉・洗口液にはフッ素(フッ化ナトリウム)が含まれています。

オーラルケア=フッ素(フッ化ナトリウム)というのは常識ですね。

でも私は自他ともに認める『まずは常識を疑う男』です(笑)

というか、私は糖尿病を克服する過程で、医者を疑ったからケトン体のことを知り得たと思っています。

ですから、常識人である歯医者が「フッ素は人体に全く影響ありません」と言うのを『まず疑ってみた』に過ぎません。

そこで私なりに調べてみたところ…フッ素に関しては専門家の間でも賛否両論でした。

そして個人的に、どちらかと言えば「否」の意見のほうが説得力があると思いました。

フッ素賛成派の言い分

歯科医が「フッ素は歯に良い」という根拠

● 酸の産生を抑制 歯磨きで落としきれなかった歯垢(プラーク)が作る
  むし歯の原因菌の働きを弱め、歯垢(プラーク)が作る酸の量を抑えます。
● 再石灰化の促進 歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させます。
● 歯質強化 歯の表面を酸にとけにくい性質に修復します。特に乳歯や生えたての歯は軟らかいので、フッ素が有効とされています。

【フッ素反対派への反論】

▪フッ素は骨肉腫になる→ 歯科の100倍の濃度のフッ素を細胞に直接かける

▪フッ素で中毒症になる→約20kgの6歳児で歯磨き剤のチューブ(950ppm 60g)を1.7本をラッパ飲み。

大人であれば5本ほど一気飲みする量を飲むと中毒が起こる。

フッ素反対派の言い分

フッ素は「毒として海外で禁止されている」?

▪フッ素やフッ化物は、脳の松果体という部分(体内リズムを整えるホルモンを出す)を石灰化させる作用があると言われています。
▪神経毒として作用したり、フッ素症(歯に褐色の斑点や染みができる症状)を増やすなど様々な毒性があります。

  • ▪スウェーデン、ドイツ、オランダなどではフッ素の使用を中止。
  • ▪フッ素予防の発祥地であるアメリカでも、現在進行形(画像参照)で虫歯予防を超えて、
  • 人体に有害である(無害である証明ができない)から水道水へのフッ素添加はやめるようにと裁判になっている。
  • ※現在アメリカは、6歳以下の子どもへのフッ素使用は禁止されています。
  • 一方、日本は歯が生えたての乳児にもフッ素を使用するよう推奨しています👿

私の選択

フッ素賛成派・反対派、両者の言い分を考えて、私は否定派と意見が近いという結論に達しました。

まず私が一番おかしいと思うのは、

歯科医の言う「過剰な量を摂取しなければ、身体に全く問題ありません」という主張。

少しの量なら健康被害リスクは完全にゼロですか?

西洋医学の医者はいつもそうです。クスリという対症療法で病気を「治す」とほざく。

私は、科学的な化合物(ケミカル)は、社会毒としてどんどん蓄積していくものだという考えを持っています。

この件に関して言えば、

排出されず蓄積したケミカルが、後になって毒として症状が表面化した時には、どうせフッ素のとの因果関係は証明できっこないだろ?

と聞こえてしまいます。

また、アメリカですら6歳以下にフッ素使用が禁じられているのに、日本は歯が生えた乳児に使えと言っているのも怪しいです。

狭心症の患者さんが「舌下にニトログリセリンを」というのを聞きますが、それだけ口の粘膜から成分がすばやく吸収されるということ。

ましてや乳児に、裁判沙汰真っただ中で全く問題ないと証明できないものを推奨する神経が理解できません。

完全に利権がらみですねぇ。

まとめると・・・

【フッ素の、歯質強化効果・虫歯予防効果は証明されていません!

現時点で、フッ素で「虫歯予防」「健康な歯に」と言っている企業・歯科医を信用してはいけません。】

ちなみに日本でも、越谷のお隣さん吉川市で2015年に、水素水フロリデーションを拒否する運動が起きました。

話をハミガキに戻します。

やはり、フッ素は可能な限り口にしないほうがいいと考えます。

ハミガキ剤を選ぶときに、必ずチェックすべきは3点。

▪フッ素(フッ化ナトリウム)

▪ラウリル硫酸Na…洗浄力が強い界面活性剤。粘膜には非常に刺激が強い。
また、分子が小さいので成分が浸透しやすく、体内に毒が入ることを指す言葉である経皮毒になっているかもしれません。

▪サッカリンNa…サッカリンNaの化学構造は、ベンゼン(いわゆる亀の甲)に二酸化硫黄と窒素、酸素、ナトリウムを結合させたものです。

ベンゼンは人間に対して、白血病を引き起こすことが明確になっている化学物質です。

サッカリンNaは、甘味料として食品に添加されることが多く、甘い子ども用にはみがき剤には必ずと言っていいほど添加されています。

以上3つが含まれていないハミガキ剤を使うようにしましょう。

 

私が使っているのは、

洗浄用として『シャボン玉せっけんハミガキ』

コーティング用として『ホワイトEXジェル』(エムスリー)です。

ぶっちゃけ、見た目に歯が白いことに越したことはありませんが、

それよりも虫歯もなく、死ぬまで抜けない頑丈な歯のほうが良くないですか?

ケミカルに毒されないオーラルケアを♪

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。