無口な凄腕職人のような臓器「肝臓」

お問い合わせはこちら

無口な凄腕職人のような臓器「肝臓」

無口な凄腕職人のような臓器「肝臓」

2020/11/21

病気になるのは、肝臓が弱っているからだと言っても過言ではありません。

肝臓は『沈黙の臓器』と呼ばれ、悪くなっても自覚症状がほとんどないとされています。

どの臓器も大事なのですが、特に肝臓は私たちの生命維持に関わるとてつもない働きをしています。

肝臓の機能を果たす工場を作ろうと思ったら、東京ドームと同等の大きさになるそうです。

上のイラスト画像を見て頂ければ一目瞭然ですが、もはや肝臓がなければ生きていけないとすら思いませんか?

健康診断のγ-GTP値を気にするひとは多いと思います。

お酒を控えろなどアルコールばかり取り沙汰されますが、そんなのは些細なことです。

γ-GTPは酵素です。

アルコールをはじめ、コレステロールや糖・脂質の代謝、人口添加物の解毒、

グルコースや血液の貯蔵、体温調整のすべてに関わっています。

これは同時に自律神経とも関係があるということ。

これらの肝機能のいずれかに支障が出ると、処理に使用されなかったγ-GTP酵素が余ることになります。

γ-GTP値が高いというのはそういうことなのです。

ですから、アルコールを飲まないのにγ-GTP値が高いという人は、重要な肝機能が弱っている可能性が高いです。

肝機能が低下している可能性がある、それだけですでに健康ではないのです。

脂肪肝といわれる人もかなり多いかと思います。

脂肪肝は糖尿病とも深い関係があります。

肝臓は糖代謝と脂質代謝にも働いているからです。

血糖値を下げるインスリンは、脂肪細胞に糖質を押し込む役割を持っています。

下っ腹やお尻・太ももなどの脂肪細胞の容量がオーバーすると、

(あるいは脂肪細胞自体の容量がそもそも少ないと)

インスリンは肝臓の細胞に糖質を押し込み始めます。

それが脂肪肝です。

糖代謝の本拠地である肝臓に脂肪がつくということは、

開けてはならない最後の貯蔵庫にまで手をつけてしまったということ。

ここまで来てしまうと、糖質を押し込める細胞がなくなってしまうのでインスリンも効かなくなります。

これをインスリン抵抗性と言います。

Ⅰ型糖尿病は先天性と言われますが、その中には肝機能を高めれば治ることもあるのではないかと私は考えます。

Ⅱ型糖尿病を克服するのも、脂肪肝を改善して肝機能を高められれば簡単だろうと思います。

これは側弯症のチェックに使われる画像です。

施術経験から言うと、肝臓が弱っている人は背中の右側が高く盛り上がる傾向があります。

東洋医学的にも、肝臓はストレスを処理してくれる臓器と言われますから、

ストレス過多の現代人はたいてい右側が盛り上がっている人がほとんどです。

側弯症自体も多感な思春期の子どもに多いので、

学校や家庭でのストレスで肝臓が疲弊し背骨が側弯してしまうのではないかと推測します。

肝臓を元気にするには、身体を動かすのが一番です!

大人も子どもも楽しめる、アウトドアでのアスレチックジムなどは最高です。

▪γ-GTP値が高くならないようにする

▪脂肪肝を改善する

▪ワイワイ騒いで笑ってストレス発散

むしろ、子どもよりも大人のほうが肝臓ケアが必要不可欠かもしれませんね。

その点、水素サロンセルくれんずの隣には越谷が誇る日本庭園・花田苑があります。

壮麗な花田苑を散策した後で、HHO水素ガスを吸入して活性酸素を除去すれば、

肝臓も元気になること請け合いです♪

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。