コレステロールに善悪などない!

お問い合わせはこちら

コレステロールに善悪などない!

コレステロールに善悪などない!

2020/11/23

健康診断で善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)の数値を気にする人は多いと思います。

糖尿病という血液が糖質で汚染される症状を克服した経験から言うと、

コレステロールに善玉も悪玉もありません。

そもそもは、血管が詰まって亡くなった人の血管を開いてみたらコレステロールが溜まっていたから

「悪玉」と区別し始めた『結果』に過ぎません。

コレステロールからしたら「冤罪」に巻き込まれたようなものです。

コレステロールはその役目を忠実に果たしているだけです。

 

一般的に、悪玉コレステロールの値を正常範囲値にしようとクスリを処方する医者が多いですが、

悪玉コレステロールを排除したところで善玉コレステロールは増えません。

むしろ善玉コレステロールの機能も低下します。

 

私がなぜそう断言するのか。

コレステロールが私たちの身体の中で如何に大切な役割を担っているか、分かりやすく説明します。

コレステロールはどこに溜まるのか

コレステロールは、血管の傷があるところに溜まります。

糖尿病はもちろん、結晶化した尿酸が血液に流れ込む痛風も、

ストレスが発端の活性酸素によってコンペイトウのようになった赤血球もそうですが、

体調不良を訴えている身体に流れる血液は、その汚染物質によって血管の内側をガシガシ傷つけています

 

身体としては、傷を放置するわけにはいきません。傷を治す必要があります。

そこで登場するのがコレステロールです。

コレステロールはいつも血管内の傷を探してパトロールし、傷を見つけたらその身を挺して保護する、

救命救急隊のような存在です。

上の画像で、LDL(悪玉)が溜まっているところの血管には傷があると考えてください。

コレステロールは、傷を埋めるように張り付きます。

ちょうど絆創膏をイメージすると分かりやすいと思います。

 

宿主(人間)が、血液をキレイにして血管を傷つけないような生活をしてくれれば良いのですが、

一日3食ジャンクフードだと、コレステロールが張り付くそばから新しい傷が増え続けます。

傷がつく➡コレステロールが張り付く➡その上からまた傷がつく➡その上にまたコレステロールが張り付く

絆創膏を重ねばりするようにコレステロールがどんどん積みあがってしまいます。

それで血管の内側を狭くしてしまい、血流に支障をきたして結果、詰まるわけです。

確かに血管を詰まらせたのはコレステロールですが、原因は血液が汚いまま放置した宿主にあります。

コレステロールは血管の傷をカバーする役目を持っていること、お分かりいただけましたか?

 

以下にブドウ糖の顕微鏡写真を載せます。

こんなガラスを砕いたようなトンガった結晶が血液に混じっていたら、

血管内膜がキズだらけになるのも当然ですね…

ブドウ糖(グルコース)結晶①

ブドウ糖(グルコース)結晶②

コレステロールはどこから来てどこへ行くのか

コレステロールは肝臓から来て肝臓に帰ります。

コレステロールは肝臓で浄化リサイクルされます。

血管の内側が過度に傷つけられない健康な代謝をもつ身体では、

肝臓から来たコレステロールが傷口をカバー➡傷がふさがる➡勝手にはがれて肝臓に戻る

というサイクルが保たれます。

コレステロールに善も悪もないと私が断言するのは、こういうことです。

健康診断の数値から言えば、私が糖尿病と診断された時はコレステロール値が異常でした。

善玉(HDL)が極端に低く、悪玉(LDL)が超絶高い。

ところが、高血糖が改善されコントロール下にある現在は、まったく問題なしです。

もちろんクスリは一切使っていません。

日々のバイタルチェック(血液と心電計)で確認していますから、なんの懸念もありません。

 

冒頭に述べたように、クスリを売るのが仕事である医者の言うことを聞いて、

強制的に悪玉コレステロールの値を強制的に下げたところで、なんの解決にもならないのはお分かり頂けましたか?

 

血圧のところでも書きましたが、数値を下げるためだけにクスリを使うのは良くないと考えます。

バイタルの適正値というのは一般化できるようなものではなく、人それぞれ違って当たり前です。

コレステロールひとつ取っても、昨日書いた「沈黙の臓器」肝臓が分泌&リサイクルに深く関わっています。

悪玉(LDL)の値だけ下げるクスリが、肝機能に負担をかけるであろうことは予想に容易いですよね。

 

健康診断でコレステロール値に異常が認められた人へ。

それは血液が汚れているということですから、血液を浄化する生活習慣に切りかえるタイミングです。

セルくれんずにそのスイッチ切り換え、お手伝いさせて頂けませんか?

お問合せお待ちしております。

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。