バッキバキマッチョは風邪ひきやすい説【免疫】【インフルエンザ】

お問い合わせはこちら

バッキバキマッチョは風邪ひきやすい説【免疫】【インフルエンザ】

バッキバキマッチョは風邪ひきやすい説【免疫】【インフルエンザ】

2020/11/30

 

「高強度の運動」が感染症の罹患に繋がるということはトレーナー界隈では一般的に知られています。

この理由は、高強度運動によって、

一時的にNK細胞やT細胞などの免疫細胞が大きく減少することが原因であるという学説があるからです。

この一時的に免疫細胞が減少し、免疫力が下がる状態を、

コペンハーゲン大学のベンタ・ペダーセンによって、

「オープンウインドウ説」として1994年に提唱されました。

上のグラフを見るに、高強度運動負荷をかけた場合、オープンウィンドウが生じていることが分かります。

ただ、自己免疫疾患において注目すべきは、運動中に一過性の免疫増強が起こっているということ。

つまり、オープンウィンドウが生じるということは、

運動中には、弱強度の運動を行ったときよりも多く免疫増強が生じるとも受け取れます。

グラフのオープンウインドウのところだけを見れば

「免疫力が下がるからトレーニングはやらないほうがいい」と思う人もいるかもしれません。

ただ、運動強度が高ければ高いほど免疫細胞が活性化することに注目すれば、

オープンウインドウを問題なくやり過ごせるのならば、

できるだけ高強度のトレーニングをしたほうが良いとも言えます。

 

人間誰しもの身体には恒常性(ホメオスタシス)が備わっています。

簡単に言うと『慣れ』です。

そもそも免疫力が弱い人が突然全力で運動したら、

オープンウインドウが致命的なダメージになりますよね。

子どもの運動会で久しぶりに全力を出したお父さんの翌日が例です。

そうならない程度の運動を日常的な習慣にしておくと、恒常性が底上げされるのです。

底上げされた免疫力が高いレベルにあれば、

オープンウインドウが生じても大した健康被害は起こりません。

いつもハードな練習をしているアスリートが、病弱なイメージがないのと一緒です。

そういった意味では、アスリートの免疫力は筋肉を使うことへの「慣れ」の集大成とも言えます。

 

知らない人がほとんどなのでお伝えしますと、

免疫力はいくら栄養をあるものを食べても強くなりません。

栄養学と免疫学はまったく別です。

栄養は不動細胞(場所が特定されている細胞)は栄養がいわばエサですが、

免疫細胞は、獲得免疫の観点から非自己である外敵(ウイルスや病原菌)がエサです。

免疫力はバイ菌に触れて鍛えるものなのです。

ですから、除菌ばかりしている潔癖症の人は免疫力がとても低いはずです。

 

突然ハードな運動を始めて、オープンウインドウを全開にしないよう、

徐々に開けていくイメージで運動強度を調整しつつ免疫力の底上げを図りましょう。

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。