その腰の手術、待った!【腰痛】【椎間板ヘルニア】【脊柱管狭窄症】

お問い合わせはこちら

その腰の手術、待った!【腰痛】【椎間板ヘルニア】【脊柱管狭窄症】

その腰の手術、待った!【腰痛】【椎間板ヘルニア】【脊柱管狭窄症】

2020/12/02

腰痛で病院で診てもらたら『ヘルニア』と診断されても凹まないで。

腰痛の85%は『原因不明』です!

自身の経験則からすぐにヘルニアと診断し手術を勧める医者が多いようですが、

MRIで矢状断(縦割り)と水平断(横割り)を撮らないと、

本当にヘルニアかどうかは分かりません。

もちろん手術で改善する腰痛もあることを否定はしません。

ただ、背骨を手術するということは、取り返しのつかないリスクを伴う

可能性があることは知っておいていただきたいのです。

腰痛は手術をすれば治るのか?

腰痛の術式は除圧と固定ですが、

どちらも科学的にも統計学的にも根拠はありません。

手術によりプラシーボ(偽薬)効果は期待できますが、再発することも多いのです。

脊柱管狭窄症のために除圧手術を受けた患者を、

7~10年後に追跡調査したところ、

1/4の患者が再手術を受け、

1/3が重度の腰痛を訴え、

半数以上が2ブロック程度の距離も歩けないことが分かりました。

 

過去百年間の腰痛にまつわる話題のほとんどは、

実のところ整形外科的な理解・治療の話です。

解剖学的損傷を探すこと、そしてそれを治すことを見つけようとしてきました。

これは非常にメカニカル(機械的)な治療方法であり、多くの問題点を無視してします。

そして実際のところ、この方法は効果がありませんでした。

かつての生物医学的腰痛モデルがプライマリーケア(初期診療)の段階において

失敗であったことが概ね判明しています。

 

腰椎固定は現在アメリカでおこなわれる全ての脊椎手術の

約50%を占めますが、これらの手術を支持する科学的または、

臨床的エビデンスは得られていません。

日本の腰痛治療の実情は?

“日本の慢性通医療は海外の先進国と比べ、20年以上遅れている”

と、横浜市大ペインクリニックの北原雅樹診療教授も嘆いています。

整形外科や脊椎外科では、慢性的な腰痛や下肢痛は、

あくまでも椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、

あるいはすべり症などの構造異常が原因で、

それらを手術して治せば、痛みも消えると信じているのです。

 

海外では、椎間板ヘルニアの手術はほとんどおこなわれなくなっており、

実は厚生労働省の研究グループが2018年に出した

『慢性疼痛治療ガイドライン』にも「手術」」の項目はありません。

以上のように、

腰の手術には、もとどおりにならない危険が常につきまといます。

手術をしても痛みが消えない、再発する、より酷くなったりしたら、

もう取り返しがつかないかもしれないのです。

同意書にサインして手術を受けた患者さんは、

予後が悪くても泣き寝入りするしかありません。

手術に踏み切る前に、必ず自分で見直せる、試せることがあるはずです。

“まず手術“ではなく、手術は“最後の手段”に後回しして、

腰回りの細胞組織をゆるめるようにしてみてください。

 

☀活性酸素を取り除く【水素】

☀光の波動で痛みを取り除く【光線療法】

☀血液を温めてゴースト血管を再起動する医療器具【メディカルケット】

☀筋肉にミネラルを補充する【マグネシウム整体】

セルくれんずには、細胞を活性化させ身体の芯から温める方法がいくつもあります。

 

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。