腹圧をマスターすればギックリ腰は予防できる

お問い合わせはこちら

腹圧をマスターすればギックリ腰は予防できる

腹圧をマスターすればギックリ腰は予防できる

2020/12/04

ズバリ言いましょう!

腰痛の予防には『腹圧を高める』のがイチバンです!

呼吸を意識するだけですし、なによりお金がかかりません♪

口呼吸がダメで鼻呼吸が良いと言われますが、

私自身、口でも鼻でも腹式呼吸ができるので、

結果、腹式呼吸になっていれば何でもOKだと私は考えます。

腹式呼吸とは何ぞや?

まず腹式呼吸から解説します。

腹式呼吸とは…

『息を吸ったとき横隔膜が下にさがる呼吸』です!

胸式呼吸というのもありますが、これは

「息を吸ったとき横隔膜が動かない呼吸」と言えます。

 

横隔膜が下がるのは、胸郭が閉じている状態で肺が膨らんで圧されるからです。

横隔膜が動かないのは、肺が膨らんでも胸郭が解放状態で圧が逃げるからです。

※胸郭・・・胸を囲む骨(胸椎・肋骨・胸骨)で囲まれるスペースのこと

 

腰痛を予防するには、まず横隔膜を動かす腹式呼吸をマスターすべきです。

腹圧とは何ぞや?

腹圧というのは「腹腔内圧」のことです。

実際には内臓などの細胞組織で埋め尽くされているはずですが、

お腹には「腔」という中空になっているスペースがあるという概念です。

そのお腹の中のスペースの圧力を高めることを「腹圧を入れる」と言います。

 

腹圧を高めるには、先述の横隔膜の他に、

背骨にくっついている多裂筋(たれつきん)、

コルセット筋といわれる腹横筋(ふくおうきん)、

排泄のコントロールをする骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)

が動員されます。

横隔膜は下方向に、

多裂筋は背面から腰椎周辺を収縮させ、

腹横筋は腹回りを引き絞り、

骨盤底筋群は上方向に持ち上げる。

そうやって腹腔内の空気をギューっと圧縮するのが

「腹圧を入れる」ということです。

腹圧の高める具体的な方法を解説します。

腹圧には、バッキバキの6パック腹筋は必要ありませんし、

そのためのトレーニングも必要ありません。

腹式呼吸を意識して腹圧の上げ下げを繰り返すことがトレーニングなのです。

①「お腹は凹んでいたほうがカッコイイ」という思い込みは捨てましょう

②お腹の中(腹腔)に風船があるようなイメージをします

③風船に残っている空気を「う゛ーーー」と声にして吐き切ります

④顎を上げたり肩を上げたり胸を張ったりせず、自然な自然な姿勢をキープしながら

鼻から一気に空気を吸いこみます

⑤鼻から吸い込んだ空気で①でイメージした風船をパンパンにしましょう。

お腹はまん丸に出ていて全然OKです

⑥息を止めます。パンパンに膨らんだお腹をさらに固くするようにグッと力んでください。

これで高い腹圧がかかっています。

腹腔の風船が膨らんで内⇒外に圧しだそうとする力と、

横隔膜・多裂筋・腹横筋・骨盤底筋が負けてなるものかと

外⇒内に圧し戻そうとする力が拮抗している状態です。

この時、脊椎(背骨)はがっちり固定されています。

 

突然のギックリ腰は、背骨の腰椎が固定されていないと、

いとも簡単に起こります。

例えば、重い荷物を持ち上げるシーン。

腕力だけで荷物を吊り下げた状態で振り返って身体を捻ると、

伸ばされた筋肉は引きちぎられる危険を察知し、

防御反応的な収縮(伸張反射)を起こします。

 

この時、腹圧が入っていると腰椎は固定され、

伸張反射が起きるほどは捻じれないのでギックリ腰は起きません。

トレーニングで腰ベルトを使わないのに、腰痛とは無縁の私が断言します。

 

ギックリ腰になった後のことばかり考えず、

ギックリ腰にならないようにするにはどうすればいいのかを考えましょう。

 

ハッと思いだしたら、

腹圧を入れる呼吸を5回ほど繰り返しするよう気に留めて生活しましょう。

意識しなくても腹式呼吸できる頃には、

体幹力モンスターになっていること間違いなしです。

八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。