冷え性なのに汗をかくのはナゼ?【越谷】【ボディケア】【体質改善】

お問い合わせはこちら

冷えを感じているのに汗をかく理由

冷え性なのに汗をかくのはナゼ?【越谷】【ボディケア】【体質改善】

2020/12/11

「冷え性」と言うと、女性に多いイメージがありますが、

近年では男性の4人に1人が「冷え症」を自覚しているそうです。

「冷え症」には、段階があるとされています。

身体が冷えるとまず「血行不良型」の冷えが生じます。

この状態が続くと、血液やリンパ液の循環が滞り、余分な水分や老廃物などを回収できず、

むくみを起こす「水分代謝異常型」の冷えに発展します。

この状態が続くと、恒温機能(体温を一定に保つ本能的な機能)が働きはじめ、

生命維持に重要な頭の温度をあげようと自律神経が信号を送ります。

その結果、「頭部や上半身は熱いのに、手足は冷えている」というアンバランスな状態になるのです。

この「自律神経異常型」の冷えが、いわゆる「冷えのぼせ」の症状です。

中医学では健康的な状態とされる「頭寒足熱」に対し、

「上熱下寒」「表熱裏寒」などと呼ばれます。

季節に関係なく起こる発汗トラブルは、その時点から半年前の生活に問題があるからです。

寒いのに汗が出るのは、暑い夏にクーラーの効いた室内に長時間いたり、

クーラーの効いた室内と蒸し暑い室外を行き来をすると、寒暖差疲労が起こり、

自律神経のバランスが乱れ血液循環が悪くなります。

また、冷たいものを飲んだり食べたりしていると、身体が芯から冷え切ってしまう原因になります。

内臓の冷えは消化機能を低下させ、腸内環境悪化の原因になるので、

できるだけ常温や温かいものを選ぶよう心がけるようにしましょう。

特に女性で、生理不順や生理痛が人は、冷えで自律神経を乱している場合がほとんどです。

何枚も服を重ねて着込んだり、

身体を冷やさないように、食に気をつかっている人はたくさんいます。

ただ、体の熱の6~7割は筋肉の伸び縮みから産み出されることはあまり知られていません。

身体を芯から温めるには運動は欠かせないのです。

歩ける人はできれば早足、駆け足を。

歩けない人は、マシンなどを使った筋トレが効果的です。

運動と併せて効果的なのは、お風呂です。

シャワーで済ませてしまう方も多いかもしれませんが、湯船に浸かりましょう。

温かいお湯の中で身体に水圧がかかることによって血流代謝が上がります。

溜まった冷えを和らげてくれるほか、筋肉の緊張やコリをほぐしたり、

自律神経を整えるなど、様々なポジティブな効能が期待できます。

その日のストレスは、その日のうちに。

お風呂で気持ちよくリラックスして、自律神経を副交感神経に切り替え、

深い睡眠の呼び水にしてください。

そうすれば体調を崩すほどのストレスを溜め込むことはないはずです。

私のおすすめするのは水素風呂です。

水素と言っても発生させる高額な機材は必要ありません。

もちろん水素発生器を使用したほうが間違いなく効果は高いのですが、

マグネシウムでも代用はできます。

マグネシウムを水に入れると、化学反応で水素が発生するのです。

または、エプソムソルトもオススメです。

ソルトとは言っても塩分は含まれておらず、

水溶性のマグネシウム粉末と考えて頂ければ宜しいかと思います。

いずれも水道水のお湯に浸かるより遥かに発汗します。

お風呂を出た直後に裸でも、寒さを感じないくらいです。

 

季節外れの汗っかきでお悩みなら、ぜひマグネシウム温活を

試してみてはいかがでしょう?

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。