大麻は「てんかん」の特効薬?

お問い合わせはこちら

埼玉にある水素サロンセルくれんず|大麻は「てんかん」の特効薬?

埼玉にある水素サロンセルくれんず|大麻は「てんかん」の特効薬?

2020/12/26

【はじめに】

このブログは大麻の所持、使用を促すものではありません。

大麻の栽培、所持、譲受・譲渡は現在の日本において法律で禁止されています。

【本文】

日本では、しばしば有名人が大麻所持で逮捕されるニュースを耳にします。

「大麻=犯罪」というのが一般的なイメージ、常識です。

大麻を違法と決めたのが戦後、アメリカGHQだというのは有名です。

しかし近年は、その大麻を禁止したアメリカで(州ごとに)どんどん解禁されています。

犯罪のイメージが強い日本でも、

大麻に含まれる合法成分があるのはご存じでしょうか?

つまり法律的に犯罪にならない大麻成分ということです。

その合法成分CBD(カンナビジオール)と言います。

違法成分THC(テトラヒドロカンナビロール)と言います。

※大麻草には60種以上の天然化合物が含まれており、

総称して「カンナビノイド」と呼ばれています。

CBDもTHCもカンナビノイドの一種です。

 

「大麻=麻薬=犯罪」としてのイメージが定着した一番の要因はTHCです。

THCは摂取すると多幸感などの向精神作用、いわゆる「ハイになる」作用をもたらす成分です。

逆にCBDには向精神作用はなく、リラックス効果や夜ぐっすり眠れる、

痛み止めとして作用するなど、安全性の高さが特徴です。

それではなぜ、日本に対して大麻を違法と決めたアメリカで今、解禁が進んでいるのでしょう?

全米が解禁に向かったきっかけの一つである動画をご紹介します。

CBDによって、難病であるパーキンソン病の症状がピタっと治まるのです。

医療大麻としての大麻解禁を主張して、所持していた某有名女優が逮捕されたのは記憶に新しいですが、

このパーキンソン病の症状改善こそが医療大麻としての使用であり、

CBDが有効成分として作用した証です。

このような動画がいくつも拡散して、アメリカは大麻解禁の動きが本格化したわけですが、

その中に、子どものてんかんの発作がなくなるという内容の動画もありました。

先述したとおり、規制対象外である茎から抽出される成分CBDは、

日本でも合法です。

現在ではCBDを用いた様々なサプリメントやコスメが発売されており、

一大マーケットとなっています。

これはCBDのみならず、マイタケ抽出成分「MDフラクション」にも言えますが、

臨床試験を伴う研究結果やエビデンスが揃っているにも関わらず、

医薬品ではなく健康食品であるがゆえに、

医療者でなくても取り扱え、誰でも摂取できるというのは、

ある意味大きなメリットとも言えます。

 

日本でも、サプリメントとしてのCBD使用によって

小児てんかんの発作がなくなったという報告があります。

医療大麻を推進するグリーン・ゾーン・ジャパン(GZJ)代表・正高医師の動画をご覧ください。

いかがでしたでしょう。

植物の力で、現代医学で難病とカテゴライズされる病気の慢性的な症状が抑えられることこそ、

本来の漢字としての『薬』(くさ偏にらく)と言えるのではないでしょうか?

現代医学は、一時的に症状を抑えることだけに特化した「クスリ」を

使用するから、難病とされる慢性病を治せないのではないでしょうか。

医療大麻が解禁されれば、クスリが売れなくなるという不都合な真実が

白い巨塔たる医学界にあるのはもはや明白です。

難病と診断されても諦めずに探せば、

改善を助けてくれるものが自然界には存在するのではないか、

そうなるように宇宙はできているのではないかと個人的に思っています。

 

医者に見放されたからといって諦めず、

生きるために情報を集めて、発信し、共有していきべきです。

セルくれんずは、そんな生きかたに寄り添います。

八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。