社会問題をビジネスで解決する

お問い合わせはこちら

ビジネスで社会問題を解決する

埼玉にある水素サロンセルくれんず|セルくれんずのソーシャル・ビジネス構想

2021/01/08

ムハマド・ユヌス氏をご存じでしょうか?

貧しい人々が経済活動を行えるように融資などを行うグラミン銀行を設立し、

2006年にノーベル平和賞を受賞した人物です。

ユヌス氏は『ソーシャル・ビジネス』を提唱しています。

ソーシャル・ビジネスというのは、

「社会的な課題をビジネスの手法を用いて解決に導く事業」のことです。

一般的なビジネスとは異なり、利潤の最大化を目的としません。

その目的は、あくまで社会的課題の解決です。

ユヌス・ソーシャル・ビジネスは、今までの経済システムにはない

「利他心によるビジネス」であり、事業の継続性を保ちながら

「損失なし、配当なし」の運営をおこなうものです。

ユヌス氏のグラミン哲学の元、活動している「グラミン日本」もありますので、

その考え方はサイトをご覧いただければと思います。

グラミン日本公式サイト

私は、ソーシャル・ビジネスの理念に基づいて、

互助会のような組織をつくれないかと考えています。

組織のメンバーそれぞれが「連携」「提供」「参加」し、

携わることによって、健康と仕事を両立できる組織。

 

コロナ禍によって、明確になったものがあります。

「複数の収入源」「志を共有した仲間でつくるコミュニティ」です。

 

この2つを、ソーシャルビジネスの仕組みで体系化できれば、

お金、仕事、健康の問題・不安から解放されるはずです。

 

仲間で「売って」、仲間で「買って」、仲間で「健康」になる

私がかねてから言っている「相互消費コミュニティ」

そんなイメージです。

 

今は私の頭のなかで「あーでもないこーでもない」と、

点がとっ散らかっている状態ですが、これから点と点を繋いで線にするように

具体的にしていこうと思います。

 

すでに、マンパワーで生きるのは厳しい社会情勢です。

今後、世界がどんな変化をしても、仲間との繋がりで適応できるコミュニティが必要です。

八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。