お問い合わせはこちら

ブログ

2021/02/21

昨日に引き続き、過去ブログからのコピペ。

3年前に書き溜めていたものがたくさんあります。

以下コピペ☟

今でこそ肩書きは「整体師」ですが、少し前までは「治療家」と名乗っていました。

偉そうに。

でも、「治療家」はやめました。

私の施術が、患者さんを根本から治しているわけではないから。

何より、不調や病気は「本人しか治せない」のが真実だからです。 

 

私は、カラダには「真の正位置」と「偽の正位置」があると考えています。

施術後、カラダは「真の正位置」に整っています。

しかし悲しいかな、カラダは施術を終えた直後からまた歪み出す…。

長年かけた歪みは、施術前が「楽な位置」だと脳が誤認識しているので戻ろうとします。

 

それが「偽の正位置」です。

 

「偽の正位置」に戻ると痛みなどの症状が再発します。

そして大概の人は「その時は良いんだけどねぇ」と言いながらも、

リピーターとなって根治することのないまま「偽」と「真」の間を延々とループします。

 

お金を稼ぐビジネスとしては、リピーターが多いのはありがたいことです。

でも…治せてないからリピーターが増えるとも言えますよね。

治せないのに「治療家」と名乗ることに違和感を覚えました。

 

私の人生の目標は 『死ぬまで自分の脚で歩ける人を増やす』こと。

 

その目標を達成するための手段が、

「カラダの不調や病気は本人しか治せない」ことを

一人でも多くの人に伝えることだと気づき、方針転換しました。

 

私が施術でカラダを「真の正位置」に整えれば、関節の可動域もめいっぱい拡がるでしょう。

関節の可動域が拡いというのは、骨格筋が柔らかいということ。

骨格筋から弛めた柔らかい筋肉は、深部体温も高く免疫力が強いため、ケガも病気もしにくいのです。

カラダを「正位置の状態」に整えるから「正態師」…響きだけは完璧です(笑)

 

患者さんには、その可動域を保つための努力をして頂きたいのです。

要はセルフメンテナンスです

 

その実践をスタートするきっかけに私がなれるのなら、

施術をする者としてこれほど嬉しいことはありません。

 

私や医者が治すわけではないのです。病院や薬は最後の手段。

患者さんご自身が、日々の生活習慣を変えるなどして不調や病気を治し、

二度と再発しないように予防するのが健康の真理です。

 

私がきっかけで体質改善に努め、

「病気が治った!」「長年苦しんだ不調がなくなった!」という人が現れたら、

その人だけに「治療家」と名乗ろうかと思います。

 

以上、コピペここまで。

ん~、ブレてない♪

「正態師」のくだりは壮大にスベッており、恥ずかしさを通り越してもはや無です(笑)

身体の元に戻ろうとするホメオスタシス(恒常性維持機能)が、

整体・整骨院ジプシーになる原因になっているのは明確です。

何が足りないか!お客さんの自分の身体を理解しようとする気概が足りないのです。

今度のコロナ禍の国や医療機関の対応で分かったでしょう?

自分の健康のことで、他者に依存するのはやめましょう。

「治療家」は他の誰でもない、自分だけなのですから。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。