埼玉にある水素サロンセルくれんず|過去ブログ|3大栄養素をやり繰りしても健康にならない

お問い合わせはこちら

埼玉にある水素サロンセルくれんず|過去ブログ|いくら3大栄養素をやり繰りしても健康にならない

埼玉にある水素サロンセルくれんず|過去ブログ|3大栄養素をやり繰りしても健康にならない

2021/03/05

こんにちは。絶賛ファスティング中のセルくれんず店長です。

今回のブログは栄養学のこと。

3年前、大きく2つのことをブログで書いていました。

①人は胃腸負担が寿命を縮める

②3大栄養素のやり繰りでは健康になれない

この2点に関して当時は、結果論的に分かってはいても、

具体的になにが作用してそうなっているのか答えを持っていませんでした。

酸水素(HHO)ガスと出会った今は、その答えが分かった気がしています。

その答えは最後にお伝えするとして、まずは当時のブログをお読みください。

 

以下、当時のブログをそのままコピペ☟

死ぬまで自分の脚で歩ける人を増やす

おんかつ整体師オーサムはっちぃです。

去る7/15(日)に銀座で「非常識の開運健康法」というテーマでセミナーをおこないました。

今回はその内容の一部をお伝えします。

 

私達が生きる上で切っても切れないのが、「食事」です。

では、知識不足のせいで、

その「食事」が命を縮めているとしたらどうでしょう?

 

私は「食事」を大きく2つのカテゴリーに分けて考えます。

【心の栄養】と【体の栄養】です。

美味しいものを食べて、満腹感と満足感を得るのが【心の栄養】です。

皆さんの普段の「食事」は、ほとんどがこちらに当てはまるはず。

 

反面、細胞を活性化させ身体の血・肉・骨となるのが【体の栄養】です。

サプリメントに代表される、美味しくもなければ満足感も得られないまさに細胞のための食事です

 

目まぐるしい医療の発展にも関わらず、がんや生活習慣病、アルツハイマー認知症、アレルギーで苦しむ人がいっこうに減らないのは【心の栄養】ばかり満たして【体の栄養】が足りないからに他なりません。

 

日本人の死亡原因の大半は血管性の病気です。

心を満たす美味しいものは、糖と脂でできていて血液をドロドロに汚染します。

そんな汚れた血液が流れる血管のダメージは計り知れません。

 

近年、3大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)にビタミン・ミネラルを加えた、

5大栄養素という概念が一般化しています。

 

3大栄養素はそれぞれ単品ではただの汚染物質ですが、

ビタミン&ミネラルの助けを得ることで、とても良質なエネルギーへと変わります。

 

健康診断で、血管年齢が実年齢より高いという人は近い将来病気になるリスクがかなり高いです。

【体の栄養】と【心の栄養】をしっかりと意識して、ビタミン&ミネラルを摂る食事を心がけましょう。

 

ちなみに私の一日の食事は…、

朝と夜はプロテインとサプリメントで【体の栄養】を、

昼は好きなものを食べて【心の栄養】を摂っています。

これはサロンにいらっしゃるクライアント様にもお伝えしています

 

オーサムはっちぃのパーソナルトレーニングは、ダイエットやボディメイクが目的ではありません。遺伝子検査の結果を受けて、その人に合った運動や栄養指導の方針を決める、一生モノの生活習慣を身につけて頂ける2ヶ月間です。

契約期間終了後も続けられ、気がつけばその人本来の体型に変わっていた!とご好評頂いております。本気で人生変えたい人からのお問い合わせお待ちしております。

以上、コピペここまで

3年前は5大栄養素と言っていましたね。

今は8大栄養素がベースです。10大栄養素を提唱する人もいますが、8大で充分かなと考えています。

冒頭の①②の根拠となる答えは、8大栄養素の中にあるからです。

それは酵素(こうそ)です。

酵素は有限です。補充できません。生まれた時には数が決まっているとも言われます。

大きく代謝酵素分解酵素の2つに分類されますが、

①のように胃腸負担で分解酵素が消費されると、相対的に代謝酵素が減ります。

逆に、分解酵素として使われなければ、相対的に代謝酵素が増えるのです。

ですから②で言うところの3大栄養素、それどころか5大栄養素をやり繰りしても真の健康にはたどり着けないのです。

 

3年前のブログの内容を改訂して、結論とします。

【体の栄養】と【心の栄養】をしっかりと意識して、ビタミン&ミネラルを摂る食事を心がけましょう。

【体の栄養】と【心の栄養】は明確に区別し、酵素(こうそ)を意識した、ビタミン&ミネラルを摂る小食を心がけましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。