埼玉にある水素サロンセルくれんず|健康診断シリーズ③糖尿病の薬

お問い合わせはこちら

埼玉にある水素サロンセルくれんず|健康診断シリーズ③糖尿病の薬

埼玉にある水素サロンセルくれんず|健康診断シリーズ③糖尿病の薬

2021/04/04

『医者が飲まない薬、受けない手術』(宝島社)より

以下、抜粋☟

血糖値を下げる薬は現在、7タイプが使われており、

「薬が効くしくみ」種類によってさまざまだ。

~中略~

内科医の長尾医師はまた、新薬のSGLUT2阻害薬についても問題を指摘する。

SGLUT2は「やせる糖尿病薬」として注目され、2014年以降、

複数の医薬品会社から相次いで発売されたが…

SGLUT2は、高齢者では脱水による死亡例が報告されている危険な薬でもあります。

そもそも、若くて太っている人は食事と運動でやせることを優先するべき。

それをしないで、1錠250円もする高い薬をどんどん出すということには疑問を感じます。

国際糖尿病学会のランクづけで1位となっているBG薬は、1錠わずか9円ですよ」

 

SGLUT2阻害薬は、体内の過剰な糖(グルコース)を尿中に排泄させる薬である。

体を動かす燃料でもある糖を体外に出す代わりに、

体内では内臓脂肪がエネルギー源として利用される。

ところが、やせ型の人や高齢者など、

余分な脂肪が少ない人ではたんぱく質や必要な脂肪が使われてしまい、

基礎代謝の悪化、筋力低下などのリスクが高まるのだ。

「太っている糖尿病患者が、体重を落とすために期間限定で使うのはいいかもしれません。

一切使うなとまでは言いませんが、効きかたに個人差があり、特に高齢者には危険が伴う薬です」(長尾医師)

 

“科学的根拠にもとづく医療”を信念とする名郷直樹医師が次のように解説する。

「SGLUT2は血圧のコントロールが難しかったり、腎症の進行が懸念されたり、

心不全がある患者で考慮される薬です」

血糖値降下薬はタイプによって働き方が異なり、

患者により大きく向き不向きがあるのだ。

~中略~

すべての血糖値降下薬について、新潟大学医学部名誉教授の岡田正彦医師は、

とくに高齢者においては慎重な処方が求められると続ける。

「私は現在、高齢者医療の現場にいますが、血糖値が上がりすぎて具合が悪くなる人はいません。

一方、薬で低血糖ととなり、冷や汗、震えにはじまって、失神、ときには死に至るというケースは少なくないのです。」

岡田医師は、確かに薬によって血糖値をコントロールして、

神経障害、網膜症、腎症などの合併症を引き起こさずに済んでいる人はいるものの、

一方で、副作用によって亡くなる人もいるという現実を指摘する。

「海外で、糖尿病の薬を飲んだ人と飲まなかった人とを比較する大規模な追跡調査がおこなわれたのですが、

総死亡率には差がありませんでした。ひとことで言って、

薬を飲んでも飲まなくても寿命には差がないのです」

名郷医師は、糖尿病は薬で数値を下げる以上に、生活習慣の改善が重要であると説く。

「薬を飲んでいても、食事・運動療法は必須です。

とくに太った糖尿病患者は、体重がコントロールできないと結局、症状が悪化してしまう。

太った人に限らず、糖尿病に関しては、薬だけに頼ってもうまくいかないのです。

薬で血糖値を下げても、下げた分に見合う合併症の予防効果はないという

明確なエビデンスがあります。」

治療のゴールは「数値が下がること」ではなく、

「健康的に長生きすること」なのだ。

以上、抜粋ここまで☝

 

糖尿病のヘモグロビンA1Cをクスリで7.0%以下に下げると、逆に死亡率が上がるという研究もあります。

私自身、糖尿病と診断された際の血糖値460を下げるためにインスリンを投与された以外、

ほぼ薬には頼らず、期間限定の厳しい節制を経て克服した経験があります。

振り切った異常値をいったん戻すための対症療法的なクスリの使用は致し方ないとしても、

薬を飲んでいるから生活習慣を改めなくていいというのは完全に間違いです。

「いくら食べても薬で正常値が維持できるから大丈夫」と考えている人は、

医療ビジネスに骨の髄までしゃぶり尽くされても文句は言えません。

八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。