埼玉にある水素サロンセルくれんず|激安卵が私たちの口に入るまでの真実

お問い合わせはこちら

埼玉にある水素サロンセルくれんず|激安卵が私たちの口に入るまでの真実

埼玉にある水素サロンセルくれんず|激安卵が私たちの口に入るまでの真実

2021/07/05

「“安い食べ物”には何かある」南清貴・著(三笠出版)より

 

『卵は安い』というイメージを実現するために…

「密飼い」といって、ニワトリは超過密状態で飼育されている

「密飼い」と併せて「ウインドウレス鶏舎」という、窓のない鶏舎もある。

窓をなくして日照時間を光でコントロールし、

ニワトリに一日の長さを勘違いさせ、

17時間サイクルで卵を早く産ませて生産効率をアップさせている。

 

劣悪な飼育環境では、ニワトリはストレスから病気に罹りやすくなり、

とたんに鶏舎全体に広がってしまうリスクがある。

病気にさせないために、抗生物質を使用する。

あらかじめ抗生物質をエサに混ぜて、病気を防ぐ。

 

その卵を食べている人間にも、当然、抗生物質は移行している。

最近、病気やケガで病院に行っても、抗生物質が効かない人がいるのは、

このようなことも一因だろうと考えられる。

卵の色にだまされてはいけない‼

パプリカパウダーや合成着色料をエサに入れているため、

黄身が濃く見えるに過ぎない。

品質のいい卵の黄身は、薄い山吹色やレモン色をしている。

「黄身の色が濃い=中身も濃い」というわけではない‼

 

「ビタミンE入り」とうたっている卵もあるが、

そのビタミンEは化学合成されたもの

それが身体に蓄積することの危険性を指摘する人もいる。

 

卵は本来、良質なタンパク質。

1パック100円の卵など、本来ありえない

その安さの代償が何かを知って、食べるなら安全なものを選びたいもの。

もう一つ知っておきたいのは「液卵」のこと。

安い総菜や弁当、一部の外食で使われている卵の多くは、

調理場で割っているわけではない。

すでに液体になった液卵が使われているのだ。

卵は機械で割られ、リッター単位で売られている。

外国から輸入されている液卵もある。

 

卵は割らなければ冷蔵庫で保存できるが、

一度割った卵が同じように保存できるだろうか?

当然そのままでは持たないから、

腐らせないために食品添加物を入れている。

その栄養は、殻の中の卵とは比べ物にならないほど酷いのは言うまでもない。

 

こういう卵を食べていると、

アレルギーになりやすいと言われている。

実際、卵アレルギーだとされている子どもに、

本当に品質の良い卵をポーチドエッグにして食べさせたところ、

アレルギー反応がでなかったという実例がある。

 

もちろん、真っ正直にいい卵をつくっている生産者もたくさんいる。

スーパーで良さそうな卵を買ってみて、

生産者の名前をネットで検索してみると、

どんなふうに作っているかがわかる場合もある。

卵の生産方法は本当にいろいろあるので、

そうやっていくつか試しながら、選ぶ価値のあるものを探してみるのが良いだろう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。