埼玉にある水素サロンセルくれんず|新型コロナウイルスの正体は酸化グラフェンなのか

お問い合わせはこちら

埼玉にある水素サロンセルくれんず|新型コロナウイルスの正体は酸化グラフェンなのか

埼玉にある水素サロンセルくれんず|新型コロナウイルスの正体は酸化グラフェンなのか

2021/09/15

ワクチンを接種すると、体にやたらと金属がぺたぺたと吸い付かれるように張り付く、という動画や画像がSNSに沢山出回って居るので見た方も多いでしょう。

その理由が「酸化グラフェン」であり、且つ存在証拠がないとも言われる新型コロナウィルスの正体ではないか、という結果がスペインの研究グループから出されました。

https://www.orwell.city/2021/06/covid-19-is-caused-by-graphene-oxide.html

ラ・キンタ・コルムナは、生物統計学者のリカルド・デルガド氏、ホセ・ルイス・セビラノ氏、および彼らが研究を進めてきた研究者や教授のチームが、予防接種の小瓶の中に酸化グラフェンのナノ粒子が含まれていることを確認したことから、できるだけ多くの人々、特に健康や法律に関わる人々に届くことを願って、緊急の発表を行った。

現在使用されているマスクや販売されているマスクには、酸化グラフェンが含まれている。

当時回収されたものだけでなく、メディアが指摘するように、PCR検査と抗原検査の両方に使用された綿棒にも酸化グラフェンのナノ粒子が含まれている。

アストラゼカ、ファイザー、モデルナ、シノバック、ヤンセン、J &Jなど、あらゆる種類のCOVIDワクチンにも、相当量の酸化グラフェンナノ粒子が含まれている。

これは、我が国の様々な公立大学が使用している電子顕微鏡や分光法などの技術で分析した結果である。

抗インフルエンザワクチンには酸化グラフェンのナノ粒子が含まれており、彼らが準備している新しい抗インフルエンザワクチンや新しいとされる経鼻抗COVIDワクチンにも、膨大な量の酸化グラフェンのナノ粒子が含まれている。

 

酸化グラフェンは、生体内の血栓を生成する毒性があり、凝血予備軍に対する酸化バランスを分解することで血液の凝固を引き起こす毒性があり、免疫系の変質を引き起こす。

どのような投与経路であっても、酸化グラフェンの投与量を増やすと、免疫系の崩壊とそれに続くサイトカインストームを引き起こす。


肺に蓄積された酸化グラフェンは、肺胞管に均一に散布されて両側性の肺炎を起こす

酸化グラフェンは金属様を呈する。

これで納得していただけただろうか。

酸化グラフェンを吸い込むと、粘膜に炎症が起こり、味覚が失われ、嗅覚の一部または全部が失われる

酸化グラフェンは、生体内で強力な磁気特性を獲得する。

これが、酸化グラフェンの様々な投与経路の後に、世界中の何十億人もの人々が既に経験している磁気現象の説明である。その中にはワクチンも含まれている。

つまり、酸化グラフェンは、SARS-CoV-2、COVID-19と呼ばれる病気の前に誘発された新しいコロナウイルスのはずである。

したがって、新型コロナウイルスを実際に分離・精製していないことは、最高レベルの医療機関や各国の医療機関が質問を受けた際に認識していた。

COVID-19病は、酸化グラフェンを様々な投与経路で導入した結果である。

酸化グラフェンは、疑惑のSARS-CoV-2と同様に、エアロゾル中では極めて強力で強い。

他の物質と同様、酸化グラフェンにも「電子吸収帯」と呼ばれるものがある。

つまり、ある周波数を超えると、材料が励起されて非常に急速に酸化し、自然の抗酸化物質であるグルタチオンの蓄えに対する毒性物質の生体内での増殖との均衡が崩れるのである。

まさにこの周波数帯は、新しい5Gワイヤレス技術の新しい放出帯域で放出されている。

だからこそ、パンデミックの最中にもこれらのアンテナの配備が止まることはなかったのだ。

実際、これらのアンテナへの国家治安部隊や軍団による特別な監視を除けば、数少ないサービスが維持されていた。

2019年の抗インフルエンザキャンペーンでは、酸化グラフェンがすでにアジュバントとして使用されていたため、これらのバイアルに導入されたのではないかと考えている。

その後の世界各地での5G技術の実験で、COVID-19病は、外部の電磁場と今体内にある酸化グラフェンの相互作用で発症した。

すべては武漢から始まり、ここが2019年11月下旬に5G技術試験を行う世界初のパイロットサンプル都市であったことを忘れてはならない。

時空を超えた偶然の一致だ。

パンゴリン説もコウモリのスープ説も、単に気を引く要素でしかなかった。

酸化グラフェンを導入する目的は、想像以上に不明瞭なものだ。

したがって、これらの情報を同化して、政府の最高機関が国民に身を守れと言い、さらには病気そのものになる可能性のあるものを強要することで、今まで持っていた病気の知識を「リセット」するには十分すぎるほどの効果がある。

論理的には、この病気の原因や病因が生物学的物質ではなく、正確には化学的毒性物質であることがわかっているので、それを弱める方法もわかっている。

グルタチオンは天然の抗酸化物質であり、生体内に蓄えられている。

 

いくつかの詳細を見れば、メディアで報道されているすべてのことを完璧に理解することができるだろう。

グルタチオンは小児では極めて高い値を示す。

そのため、この病気は子供たちにはほとんど影響を与えない。

グルタチオンは65歳を過ぎると非常に大きく低下する。

そのため、COVID-19は特に高齢者層に多く見られる。

グルタチオンは激しいスポーツをしている人たちでは非常に高いレベルにある。こ

れが、スポーツ選手のわずか0.22%がこの病気にかかっている理由だ。

これで、実際に行われた数え切れないほどの研究で、N-アセチルシステイン(体内でグルタチオンの前駆体となる)やグルタチオンを直接投与した治療で、COVID-19の病気が非常に早く治ったという結果が出た理由がお分かりいただけると思う。

これは、酸化グラフェンという毒性物質に対処するために、グルタチオンの濃度が上昇したためである。

今回のラ・キンタ・コルムナの発見は、国家によるバイオテロリズムの本格的な攻撃であり、少なくとも世界の人々に対する政府の共謀によるものであり、今や人類に対する犯罪を構成するものである。

したがって、この情報を医療関係者に提供することは絶対に必要であり、不可欠である。

一般開業医、看護師、医療サービス全般、さらには地元や地域のメディアや報道機関、そしてあなたの周りのすべての人たちに。

ラ・キンタ・コルムナの推計では、私たちの国だけでも、新しいこれからの5Gの技術的なスイッチオンをすると毎日何万人もの人が亡くなると言われている。

 

インフルエンザワクチンに酸化グラフェンを接種しているのは老人ホームにいる高齢者だけではなく、ご存知のように国民の大部分が酸化グラフェンを少しずつ接種していることを念頭に置いて欲しい。

体にはこの毒物を排除する能力が備わっているので、グラフェンを体内にとどめておくために、1年に3回目までの投与をずっと提案しているのだ。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。