「抗酸化サプリメントは寿命を縮める」理由

お問い合わせはこちら

「抗酸化サプリメントは寿命を縮める」理由

「抗酸化サプリメントは寿命を縮める」理由

2020/10/24

抗酸化は必要だが、抗酸化サプリメントは不要

活性酸素の種類にカギがある

「抗酸化サプリメントは寿命を縮める」

抗酸化ブームが落ち着いてきた割と最近、専門家たちが言い出したことです。

酸化ストレスが病気の原因の9割を占めるというなら、抗酸化は必要だと思うでしょう。

事実、抗酸化は必要だと私も思います。

ですが、抗酸化サプリメントが寿命を縮めるというのも一理あるのです。

この矛盾を解くカギは、活性酸素の「種類」にあります。

昨日の投稿でも書いたように、活性酸素には4種類あります。

「スーパーオキシド」「過酸化水素」「一重項酸素」「ヒドロキシラジカル」

ヒドロキシラジカルは悪玉であり、他の3つは善玉です。

善玉活性酸素は、外敵をその酸化力で倒す免疫細胞の白血球の武器となります。

そして悪玉活性酸素ヒドロキシラジカルは、水素でしか無害化できません。

 

勘の良い方ならもうおわかりですよね?

抗酸化サプリメントは悪玉を放置して、善玉が無力化されてしまうのです。

そうすると白血球は武器を奪われて、免疫力がダウン。

ウィルスなどの外敵に負けて感染してしまいます。

ですから、免疫力を下げてしまう抗酸化サプリメントは危険であるからして必要なし!となるのです。

 

結論!

悪玉活性酸素ヒドロキシラジカルを無害化する抗酸化は必要。

善玉活性酸素を無力化する抗酸化サプリメントは不要。

 

健康のためと高いお金を払ってサプリを摂っていたのに、実は病気に罹りやすくなっていたのでは本末転倒ですよね。

ぶっちゃけ、日本製のサプリメントは添加物が多く本来の効果効能は期待できません。

少なくとも、海外のしかるべき機関で認証を受けている商品を取り寄せるほうが賢明です。

セルくれんずのファスティングメニューの期間中は、店主が厳選したサプリメントを提供します。

サプリメントを選ぶコツもお教えしますので、知りたい方はお気軽にお問合せください。

 

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。