埼玉にある水素サロンセルくれんず|薬とクスリは別モノ

お問い合わせはこちら

埼玉にある水素サロンセルくれんず|薬とクスリは別モノ

埼玉にある水素サロンセルくれんず|薬とクスリは別モノ

2021/03/29

私は、「くすり」という言の表記を使い分けています。

病院で処方される「くすり」は“クスリ”と書き、“薬”という漢字は使いません。

これは良く聞く話ですが、

ご覧のとおり“薬”という漢字は「くさかんむり」に「楽(たのしい)」と書きます。

私の中では、ハーブや植物性の生薬を混ぜ合わせたものが“薬”なのだというイメージです。

病院で処方されるクスリは、症状を消して楽(らく)になるかもしれませんが、

植物性の要素はなく、人工的に生成された物質でしかありません。

※漢方を謳ったクスリもありますが、いくら植物性のものを使っていても人工物と混ぜたら、

私は“クスリ”であると判別します。

◆【クスリ】➡即効性➡人工的精製物質➡冷え➡代謝悪化➡麻痺➡症状消失➡《対症療法》

◇【薬】 ➡ 遅効性➡天然植物調合 ➡温活➡代謝活性➡好転反応➡治癒➡《原因療法》

問題なのは、現代の大多数の人が「症状消失=治癒」と勘違いしていること。

“クスリ”と“薬”は別の療法であると認識すれば、勘違いに気づくはずです。

そもそも長い時間かけて出てきた病気や不具合を、

一瞬でリセットできるなんて、そんなムシの良い話はありません。

 

本来、“薬”は即効性どころか体感もほとんどないのが普通です。

だからこそ目先の結果を求める現代人は、「効かない」と薬をやめてしまうのですが…。

これは本当にもったいないことですし、とても残念です。

“薬”は、いわば「健康の土台」をじっくり育てていくようなものなので、

「そういえば何年も病院のお世話になっていない」とか、

「悩まされていたアレルギー症状がなくなった」とか、

“気がつけば健康になっていた”という遅効性が特徴です。

 

ぜひ今一度、考えてみてください。

「くすり」って何なのか?

転じて、世間で騒がれている新型コロナのワクチンとは何なのか?

というところまで考えが及べば、健康長寿は意外と身近に在るものだと気づくかもしれません。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。