自律神経は“やじろべえ”

お問い合わせはこちら

自律神経は中庸に寄せるな

自律神経は“やじろべえ”

2020/11/09

「口に入れるものにも気を遣って、ヨガにも通っているのに、身体がとっても硬いんです。なぜですか?」

食習慣も運動習慣も整っているのに健康ではないという人からの、こういう質問かなり多いです。

健康的な生活習慣に伴っていない不定愁訴の理由は、ズバリ「自律神経の失調」です。

この質問主のケースは、ストレスフリーを意識しすぎて副交感神経に寄せすぎ。

必要なのは、ストレスで交感神経を優位にすること。

 

自律神経のことでありがちなのは、「副交感神経は良い」「交感神経は悪い」という誤解したイメージです。

自律神経に良いも悪いもありません。

交感神経優位下で身体を動かし、副交感神経優位下でその疲労を抜くだけの仕組みです。

言い換えると、「交感神経下で疲労ストレスをかけて免疫力を鍛え、副交感神経化で栄養を吸収してダメージから回復する」

ということです。

 

自律神経をシーソーに例えて、

「どちらかに偏りすぎていると病気になるから、ふり幅を小さく、中庸を意識しましょう」

というアドバイスも誤解イメージを抱かせる原因だと思います。

 

考えてもみてください。

仮に自律神経がシーソーだとして、その振りはばが小さいと、人間の3大欲求である

「睡眠欲」「性欲」「食欲(排泄)」

がどれも満たせなくなってしまいます。

生理的欲求を満たすためには、必ず交感神経or副交感神経のどちらかに偏っていなければ無理です。

 

ゴチャゴチャ考えないように、自律神経の大前提をお教えします。

《交感神経は昼に働き、副交感神経は夜に働く》

ということです。

 

仕事中にシエスタと称して昼寝するのも、真昼間からマッサージや温泉につかるのも、

24時間ジムで夜中に人知れずトレーニングするのも、夜に子づくりに精を出すのも、

自律神経の大前提に沿ってはいないのです。

 

自律神経は、副交感神経から交感神経に切り換わって朝に目覚め、

夕方17時頃に交感神経から副交感神経に切り換わると言われています。

 

私たちのDNAには「1日の疲れは1晩のうちに」という仕組みが備わっているのです。

私が自律神経について話すときは、シーソーよりもヤジロベーを例にします。

シーソーを例にすると、人は頭で「自分は○○神経に偏りすぎてる」と勝手に決めつけてしまいます。

実際には少ししか偏っていなくても、0⇔100で自己暗示がかかってしまい、なかなか抜け出せません。

一方ヤジロベーだと、どちらか一方に倒したら、返す刀で倒した幅と同じ振り幅で反対側に振れます。

弾むように前後左右に切り返す様子は、凝り固まる余裕もなく二元論から抜け出しやすいのです。

現代人が患う現代病は、「会社」での「働きかた」が、

生理的欲求を司る「自律神経の大前提」に反しているから増えているのだと考えます。

健康への一番の近道は、自律神経の赴くまま生きること。それに尽きます。

すべての人がそういう生活にシフトして、水素やMDフラクションが要らなくなる日が来ることを願います。

八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。