埼玉にある水素サロンセルくれんず|プラセンタにご用心

お問い合わせはこちら

埼玉にある水素サロンセルくれんず|プラセンタにご用心

埼玉にある水素サロンセルくれんず|プラセンタにご用心

2021/01/22

最近注目されている美容成分『プラセンタ』をご存じでしょうか?

プラセンタというのは、哺乳動物の胎盤のことです。

そのふれこみとしては、

“胎児の生命を維持し、成長を促す大切な働きを担っているので、

生体に働きかける多彩な作用が期待できるのです。

プラセンタはもともと漢方の世界では「紫河車(シカシャ)」と呼ばれ、

2000年前から中国の皇帝たちに珍重されてきました。

作用も穏やかなことから、カラダの弱い女性やお年寄りの疲労回復や体力の増強、

虚弱体質の改善、さらに不妊症の改善など昔から幅広く使われてきました。”

とのことです。

実際に、ご自身で出産されたときに出てきた胎盤を食べる人もいますから、

なにかしらの作用があるとは思いますが、ご自身の細胞だったプラセンタを摂るのと、

市販されているプラセンタを摂るのは、まったく別問題と考えたほうが良いです。

というのも、

市販品のプラセンタは、

豚や馬の“胎盤”を分解処理したもので、

美容効果を謳って商品化されている。

国立健康・栄養研究所がまとめた『健康食品』の、

素材情報データベースでは、「有効性情報は文献の中に見当たらない」となっている。

要するに…

公的機関でさえその有効性が分かっていないものを販売している

ということになります。

同じヒトの胎盤だったとしても、非自己であれば異物ですし、

ましてや豚や馬の胎盤は、種属が違いますから紛れもなく非自己です。

美容効果があると謳っていますが、

ヒトではない細胞がヒトの細胞に良い効果をもたらすでしょうか?

プラセンタの使用には注意したほうが良いかもしれません。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。