埼玉にある水素サロンセルくれんず|眼科医が教える危ない目薬

お問い合わせはこちら

埼玉にある水素サロンセルくれんず|眼科医が教える危ない目薬

埼玉にある水素サロンセルくれんず|眼科医が教える危ない目薬

2021/04/25

「医者が飲まない薬、受けない手術」(宝島社)より

以下、抜粋☟

スマホやパソコンによる目の酷使、コンタクトレンズの使用、

エアコンによる空気の乾燥など、現代病ともいえるドライアイ。

多くの人は市販の目薬を用いるが、眼科医が警鐘を鳴らす。

「ドラッグストアなどで市販されている

充血を抑える点眼薬の多くには血管収縮剤が含まれています。

この成分の作用で一時的に血管が収縮して充血が引きますが、

常用すると、かえって充血しやすい目になります

眼科医としては、市販の充血を抑える点眼薬はおすすめできません。」

(加藤卓次医師)

また、目薬に防腐剤として含まれる塩化ベンザルコニウムなどの成分が、

角膜に悪影響を及ぼすことを指摘する眼科医も多い。

成分の接触時間が長くなるほど角膜障害のリスクは高まるので、

とくにコンタクトレンズ装用中の点眼薬には、

必ず防腐剤と血管収縮剤が使われていないものを選ぼう。

以上、抜粋☝

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。