埼玉にある水素サロンセルくれんず|内海聡医師|サラダ油はやめなさい

お問い合わせはこちら

埼玉にある水素サロンセルくれんず|内海聡医師|サラダ油はやめなさい

埼玉にある水素サロンセルくれんず|内海聡医師|サラダ油はやめなさい

2021/06/10

6/10 内海聡医師のInstagramより

サラダとドレッシング

食用油は、調理に欠かせないものですが、

これらの製法、原材料などが公開されることは稀です。

正しい食用油の知識は、その原材料や製法の中にあると言えます。

原材料に遺伝子組み換えの原材料が含まれるものは、そもそも論外ですが、

油の製法について正しく知ることが、健康を守る秘訣です。
.
一般的なサラダオイルなどは、最もリスクが高い油と言えます。

原材料は大豆油や菜種油、綿実油やコーン油、

ごま油やオリーブ油などの食用油を混ぜ合わせて作られます(混合率等は企業秘密)が、

精製時に加熱処理を加えることで、精製時にトランス脂肪酸に変化してしまっています。
.
さらに、市販のサラダドレッシングなどは、

脱色(活性白土)、脱臭(乳酸)、風味付け(リン酸、クエン酸、フィチン酸)、

酸の除去(硫酸、塩酸、蓚酸、苛性ソーダ)など、添加物と化学薬品のオンパレードです。

当然のことながら、原材料にもともと含まれている抗酸化物質などは見る影も無くなり、

酸化しやすい油となるため、さらにBHAやBHTなどの酸化防止剤を添付され、製品化されています。
.
尚、欧米では規制対象で、全面禁止になっている地域もあるのが、

この国で販売されている「サラダオイル」です。

BHAなどは、危険極まりない発がん性のため、厚労省が使用禁止にしようとしたところ、

欧米からの圧力で断念した食品添加物です。

キャノーラ油は、菜種のうち、品種改良されたキャノーラ品種から採油されたもので、

厳密には菜種油と同じものではありません。

GMOも多いとされています。

そして、混ぜ合わせの原材料ではなく、単体の原材料を使用しています。

先進国(この表現は嫌いですが)の中で、「トランス脂肪酸」の表示義務が無いのも、この国だけです。

そして、原材料の問題があります。

同じナタネでも、農薬や化学肥料を使用して栽培されたものには、残留農薬のリスクがあります。
.
ということであなたが健康になりたいのなら、

市販の油やドレッシングなどはあまり使わないようにしましょう。

作るのはとても簡単です。

以上、ここまで。

今回、サラダ油が値上がりしました。

リスクだらけの油を、値上がりしても仕方ないと買い続ける人は多くいると思いますが、

その感覚がまったくわかりません。

質の悪い油は、細胞膜の質を悪くします。

つまり免疫力を下げるということです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。