余命宣告を代替療法で覆した医師

お問い合わせはこちら

余命宣告を代替療法で覆した医師

余命宣告を代替療法で覆した医師

2020/11/17

世間には、

がんの標準治療(手術・抗がん剤・放射線)を勧める病院・医師が大半を占めます。

もはや医療は完全なビジネスであって、

病院経営の上でベッドは満床のほうが良いし、

製薬会社が喜ぶから抗がん剤は売れたほうが良いし、

高額でハイテクな検査機器があったほうが評判が良いわけです。

あれ…患者さんのことは?

医者は患者の命を救うのが仕事じゃないの?

患者を金ヅルとしか考えていないんじゃないかと思わずにはいられません。

一度そう思ってしまったら、「常識を疑う」私はお金を搾取される病院に行く気になりません。

医療保険もがん保険も解約しましたし、本当は健康保険料もビタ一文払いたくありません。

 

そんな私でも、言うことを聴くべきだと思える医者はいます。

自分の死が近づいた時に、命を預けてもいいと思える医者。

 

もし私がガンに罹ったら…命を預けられる医者の一人が清水妙正医師です。

すでにお亡くなりになっていますが、

西洋医学の医者にしてがんの標準治療を拒否して、余命3ヶ月と宣告された末期ガンを克服した人です。

残された闘病日誌を読むだけで、ガンになったことがない標準治療を勧めるがん専門医の話を聞くより百億倍救われます。

清水妙正オフィシャルサイト(https://web.archive.org/web/20120111071702/http://shimizumyousei.jp/index.html)

 

何より特筆すべきは、末期がんにマイタケ抽出成分MDフラクションが効いたということです。

上記画像の書籍は絶版になっており、ネットで購入しようにも8万円の値が付くなど入手困難になっています。

リンクしたオフィシャルサイトで書籍の内容を閲覧できますので、そちらをご覧ください。

一方、こちらの書籍はありふれた中古価格で購入できます。

MDフラクション以外にも抗ガン食品について書かれているので、

ガンを治すより、ガンを予防する習慣を見つけるのにとても参考になると思います。

以下、まえがきより一部抜粋

本書の内容の多くは、これまでの医療常識からは認め難いにちがいない。

しかし本書は、医師である私が体験した事実を土台として構成されている。

信じる信じないは、あくまでも読者諸兄の判断にまかせるほかないとしても、

私にとって、すべてはまぎれもない事実なのである。

私は三年前に発見された末期ガンから生還した。

現在は、健康に、きわめて元気に医師としての日々を送っている。

齢72。気力旺盛は自他ともに認めるところ。

念のためにいえば、検査結果からみて私のガンは完治している。

ここでははっきりお断りしておかなければならない。

私は、いわゆる現代医学がいうところのガン治療法は一切受けていない。

外科療法(手術)、化学療法(抗ガン剤)、放射線治療の三大療法は、私の意思において完全に拒否した。

私は三大治療を完全に拒否したおかげで、医師である息子を含む家族に

「余命は、うまくいって3カ月」

宣告された末期ガンから生還できたのだと信じている。いや、そう信じざるをえないのである。

~中略~

すべては三大療法を拒絶したおかげである。

もしも、あのとき抗ガン剤の投与ひとつを受けただけだとしてしても、私は今日まで生きていなかっただろう。

それは医師として過ごしてきた経験から十二分に推測できる。

むろんこうした私の感じ方に異論があることは承知している。

三大療法を離れた治療法を重視する立場をとりながら、しかし、

必要に応じて適切な範囲で三大療法を利用したほうがよいとする意見にも傾聴に値するところが少なくない。

 

それにしても納得できないことがある。

抗がん剤の弊害が叫ばれ、その有効性への疑問が言われるようになってすでにかなりの年月が過ぎているにもかかわらず、

なぜいまだに抗ガン剤治療しか眼中にないがごとき医療姿勢が大手をふってまかり通っているのか。

私も長く医師として働いてきた者の一人として、その理由は分かっているつもりだ。

しかし、医療経験が長いだけ、同時に抗ガン剤をはじめとする旧来のガン治療の無力さと弊害の大きさを痛感しているのである。

 

私が本書で訴えたいことは、次の一点に終結する。

現代医学が旧来から施してきたガン治療法は、

特に末期ガンについていえば、事実上敗北しているのである。

だが代替療法の分野に視野を広げるなら、末期ガンといえども、まだまだ大きな可能性のある手立てが見つけられるのだ。

以上

 

以前紹介した、免疫学の安保徹先生が「ガンはすでに解決している」と仰っていたのも納得だと思うのです。

ガンを克服する方法、それは…

『ビジネス現代医学のガン治療を受けないこと』であるのは明白です。

糖尿病における標準療法(カロリー制限・インスリン・経口血糖降下剤)を拒否して克服した、

私自身の闘病経験とも見事に重なるのです。

八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。