生命の源?ソマチットとは!

お問い合わせはこちら

不死身の超微小生命体ソマチット

生命の源?ソマチットとは!

2020/11/24

セルくれんずでは、日々ご来店の会員さんがHHO水素ガス吸入の前後に血液の状態を電子顕微鏡で確認しています。

私も毎日血液チェックをしていますが、会員さんの血液と大きく違うところがあります。

ソマチットの数です。

上の画像は顕微鏡の視野ですが、大きく丸いのが赤血球です。

その周囲にゴマのような黒い点があるのですが、それがソマチットです。

実際に採取したばかりの血液では、ソマチットは絶えず動き回っています。

私の血液中にはソマチットが、それはそれは物凄い数がいます。

一方、なにか健康不安があって水素を吸入しにご来店のお客さんには、ソマチットがあまりいません。

この差は何なのでしょうか?

ソマチットとは何なのか?

ソマチットは、約7μmの赤血球がバカでかく見えるほど超極小サイズで、

チョロチョロと動き回る様子から細菌のように思われがちですが、

細菌やウイルスなどとは全く別の『超微小生命体』で、 我々の生命の源に関与していると思われる存在です。

ソマチットは身体の中に無数に存在していますし、 人間のみならず、動物にも植物にも存在しますし、

土中にも水中にも海中にも存在していることが確認されています。

2500万年前の貝の化石(炭酸カルシウム)の中からソマチットが見つかった例もあります。

太古の昔、地殻変動で海底が地上に隆起して以来、 貝殻の中に2500万年もの間、休眠していたと思われます。

貝の殻を塩酸で溶かしたら中からソマチットが元気に出てきたそうです。

2500万年も生きていたというだけでも驚きですが、塩酸で死なない微生物も聞いたことがありません。

そもそもソマチットは-30℃でも+1000℃でも生きていますし、 無酸素でも有酸素環境でも死にません。

また、あらゆる生物が死に絶えるという500シーベルトの放射線を当てても死なないというのです。

時に地球上では、10,000mの深海で数百度の熱水が出てくるところで 平気で生きている生物がいますが、

地上に持ってきて空気にさらすと、 あっけなく死んでしまいます。

つまりある特定の過酷な条件下で生きることが出来ても、 他の過酷な条件では生きることが出来ないというのが普通なのです。

これらの事実から導き出される結論は、ソマチットは正に不死の存在であり、

人間を含むあらゆる生物の中で全く別格の生命体ということになります。

ソマチットを観察してみて気づいたこと

私の血液にいるソマチットを観察していると、ただ闇雲に動いているだけではなさそうです。

蟻が大きな獲物を数匹がかりで巣に運ぶように、

ソマチットが異物かなにかに群がってどこかに運んでいるような動きが見受けられました。

まるで意思を持っているかのようです。

ネットや本で情報を探してみると、

「ソマチットは氣やオーラ、プラーナの正体」というスピリチュアルな解釈や

「地球が誕生した時から存在する宇宙の生命体」という解釈が目につきます。

そんな馬鹿なと思う人がほとんどでしょうが、

私の周りには、理論的にまったく説明できない能力を持った人がたしかにいます。

遠隔ヒーリングをおこなう氣功治療家や、初見なのに他者が知り得ない情報を言い当てる霊能者…

意識が素粒子として空間を飛んでいて、それを利用しているとしか私には思えません。

量子力学の世界では、テレパシー(精神感応)を媒介する粒子フォトン体がありますが、

これもソマチットのことなのでは?と思ったりします。

ソマチットに見る私とお客さんとの違い

『元気な人にはソマチットが多い』という意見は、ネット上では多く見受けられます。

ソマチットが多い私と、ソマチットが少ないお客さん。

ソマチットを「健康だという自信」に置き換えてみましょう。

『自分は健康だという自信に溢れた私と、健康かどうか自信が持てないお客さん』

シンプルにそういう事なのではないでしょうか?

私は、根拠はないけど揺るぎない自信があったからこそ糖尿病も克服したし、

健康に関しての知識欲が衰えないのだと思っています。

自信に根拠は要らないのです。

「私は健康だ」と四六時中思い込んで、暗示をかけているのかもしれません。

ソマチットが少ない人が、私と同じように自分のことを「健康だ」と思っていなかったとしたら、

精神世界の在りかたしだいで、ソマチットの数が違うという証明になるのではないでしょうか。

 

「病は気から」とも言われます。

自分は健康だという揺るぎない信念を持てば、氣そのもの(かもしれない)ソマチットが増え、

免疫力を、いや生命力を高める可能性があります。

 

ソマチットを増やして活性化する生活スタイルを、自分の身体を使って追い求めていきます。

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。