自分なりのアクティブリカバリー法を見つける

お問い合わせはこちら

自分なりのアクティブリカバリー法を見つける

自分なりのアクティブリカバリー法を見つける

2020/12/05

水素サロンセルくれんずに、普段は主婦で、週末に農作業をし、

月曜に来店されるお客様がいらっしゃいます。

本人は「結構疲れてる」と仰って、水素吸入前の血液チェックをすると…

それほどドロドロじゃない、そんなに悪くない血球の状態であることが多いのです。

それで1時間ほど水素を吸えば、活性酸素が除去されて赤血球がプリップリになります。

疲れてるのに血液の状態は疲れていないのはどういうことでしょう?

スポーツの世界には「アクティブリカバリー」という言葉があります。

直訳すると「動いて回復」となりますが、積極的休息とも言えます。

ハードな運動の筋損傷や疲労は、軽い運動によって回復が促進されるという説です。

一般的に疲労回復には安静(パッシブリカバリー)が良いと考える人が多いですが、

眠れない人は不眠症自体がストレスになって、

疲れが抜けないどころか疲労が蓄積しつづけ、より眠れなくなるという

悪い循環に陥ります。

冒頭の週末農家のお客様の話に戻ると、

はっきり言えるのは、本人の感覚と実際の血液の状態にズレがあること。

問題があるとすれば、普段の主婦業のほうでかなりの疲労が溜まっていることを

自覚していないことだと思います。

肉体労働と思っている農作業でとても疲れたんだと思っている。

それは間違っていると思います。

 

ストレスを溜め込む平日の主婦業がハードな運動に該当し、

週末の農作業がアクティブリカバリーになっていると考えたほうが自然です。

水素を吸う前の赤血球の状態から察するに、辻褄が合うと思うのです。

疲れを溜めないためにやるべきこと。

自分の生活の中で、最もストレス&疲労に繋がっていることは何なのか自覚することです。

その上で、先述の週末農家のお客様のようにアクティブリカバリーに充たるものを探せば良いと思います。

アクティブリカバリーは、何も運動だけに限りません。

入浴やマッサージも良いと言われますし、

疲れを感じたら「身体を温めるために白湯を飲む」という知人もいます。

『疲れ=冷え』を知っている素晴らしいアクティブリカバリーだと思います。

 

セルくれんずの隣は、越谷が誇る景勝地である日本庭園・花田苑があります。

外周を自転車で回ったり、庭園内を歩くのもアクティブリカバリーになるはずです。

そのあとで水素を吸ったら劇的に疲労回復するはずです。

「自分なりの」アクティブリカバリー法を見つけましょう。

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。