筋肉痛は炎症、全身筋肉痛は病気

お問い合わせはこちら

筋肉痛は炎症、全身筋肉痛は病気

筋肉痛は炎症、全身筋肉痛は病気

2020/12/06

私のパーソナルトレーニングを受けたいという人から問合せを頂くことがあります。

お問合せ自体はありがたいのですが、

私はボディメイクのパーソナルトレーニングは受けません。

『そんなんでトレーナーを名乗るな』と、

ご自身のトレーニング理論を私に押し付けてくる人もいます。

正直申し上げて余計なお世話ですし、とても煩わしいです。

 

何度も申し上げているのですが、私が広めたい運動は健康になれる『フィットネス』です。

見た目を重視して筋肉を肥大化させるのは、

パフォーマンスを上げるために健康を犠牲にするアスリートの領域であって、

フィットネスとは真逆の価値観だと考えています。

だから私は見た目勝負のコンテスト向けトレーニング指導はやりません。

というか、やったことがないので指導できません

私のトレーニングは、追い込みませんし、オールアウトしませんし、筋肉痛も最小限に抑えます。

血流代謝を上げるために、使えていなかった筋肉を伸び縮みさせて刺激を入れるだけです。

自分の身体をコントロールできる筋力はついても、体形は変わらないかもしれません。

その人に適した体形や骨格は十人十色です。遺伝子タイプも大きく影響すると考えます。

筋肥大で身体を大きくしたい人は私の方針とは合わないので、来なくて結構です。

筋量を増やして身体を大きくすることを『バルクアップ』と言います。

バルクアップに必要なのは「筋肉細胞組織の破壊」と「超回復」です。

例えば骨折して治った時、折れた骨がくっついたところは盛り上がっています。

部分的に太くなって、骨折以前より強度が上がっている(?)のと

同じことを筋肉で起こすのが超回復です。

破壊⇒超回復を繰り返して、筋肉で身体が大きくなっていきます。

筋破壊に必ず伴うのが「筋肉痛」です。

そしてここからが、別にボディメイクを目指していない、

健康になるための運動を求めている人に知っておいて頂きたい事です。

SNSで「筋肉痛が友達」「筋肉痛がないと不安」など言っている

トレーニーやフィットネスモデルが多数見受けられますが嘆かわしい限りです。

 

筋肉痛は筋肉の炎症です!

そして炎症はその部分の組織だけの問題ではありません。

あちこちの筋肉に筋肉痛が出るのは身体全体におよぶ炎症が起きているということ。

ある意味、事故にあって全身打撲しているのと大差ありません。

運動やトレーニングをスタートする初期段階で、筋肉痛が出るのは致し方ないことですが、

何週間、何か月、何年という長期間で慢性的に複数の炎症があるのは、

実質的に病気と同じで、決して健康に良いことではないのです。

 

私たち人間の身体は当然ながら、そんな全身打撲状態で機能するようにできていません。

快適な生活を目指して運動しているのに、筋肉痛で生活に支障が出たら、それこそ本末転倒です。

私たちの身体は慢性的な筋肉痛に適応できないのです。

若い人は壊れた筋肉の修復に使う酵素が多いので、しばらくは大丈夫かもしれません。

ただし、有限の生命資源である酵素は減っていきますから、

確実に身体に負担はかかっているのです。

以前ブログに書いた、トレーニング直後に免疫力が下がる「オープンウインドウ」も、

免疫で使われるはずの酵素が筋肉の修復に回ってしまうから起こると言えます。

 

もしこれまで「筋肉痛は前進の証」というポジティブなイメージを持って、

運動やトレーニングをしてきたなら、考え直さなければいけません。

良かれと思ってしていた運動が、実際には寿命を縮めている可能性があると。

身体を動かす上で筋肉痛は付き物で、

時には避けては通れないものですが、決して目的になるべきものではありません。

この私の考え方に共感できる人にのみ、トレーニングをお伝えします。

八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。