水素は運動の疲労を軽減する

お問い合わせはこちら

水素は肉体疲労を軽減する

水素は運動の疲労を軽減する

2020/12/09

水素の効果は活性酸素を除去することに尽きますので、

疲労回復に適しているとされる酸素カプセルとは

そもそも目的が違います…というのが一般的な認識です。

それでは、水素では疲労回復に使えないのでしょうか?

日本国内でも、水素と疲労に関する研究が数々おこなわれています。

答えを言うと

「水素に疲労回復は期待できます」

それどころか、疲労物質の作用を抑え込むという研究結果もあります。

つまり水素を摂れば、疲れにくくなり、疲労回復にもなるということです。

 

野球のイチロー選手

テニスのクルム伊達公子選手

ハンドボールの宮崎大輔選手

総合格闘技の石井慧選手

女子サッカーの大竹七未選手

などの有名なアスリートや、

モータースポーツのドライバーも多数、

水素水を愛飲しているそうです。

筑波大学による興味深い研究があります。

筑波大学の研究チームの論文(2012年07月12日発表)

現役サッカー選手10人を対象に、試合前に水素水を飲んだ場合の筋肉疲労などについて

血液検査などの臨床試験をおこなった結果です。

検証方法は、普通の水(プラセボ水)と水素水を

1週間の洗浄期間を設けた異なる期間で同じ選手に飲んでもらい、

パフォーマンステストを行うというものです。

  • PW=placebo water(普通の水)、HW=hydrogen-rich(水素水)
  • lactate=乳酸、PT=Changes in peak torque、MDF=Changes in median frequency、MPF=Changes in mean power frequency

 

このグラフから言えるのは、

スポーツをする前に水素水で水分補給をすると筋肉疲労が軽減され、

疲れからくる運動パフォーマンスの低下が抑えられ、

疲れにくく、持久力も向上したということです。

水素水は、運動やスポーツパフォーマンスを向上する効果的な飲用水となり得ます。

水素水ですら、このような研究結果があるのです。

というのも、水素を摂るのに最も効率的なのは鼻からの吸入です。

15分の水素吸入が水素水100杯以上分の効果があるとさえ言われています。

当店取り扱いのLHG社製のマシーンは、

毎分およそ600㏄~1200㏄のHHO(酸素水素)ガスを生成します。

水素水の水素溶存量は最大1.6ppm(理論値)なのに対し、

LHG社製のマシーンの水素溶存量は670,000ppmですから、

いかに吸入のほうが摂取効率が高いかは言わずもがなです。

 

もうひとつ言っておきたいのは、

LHG社製マシーンが生成するのはただのH2水素ではない

HHOガスであるということです。

HHOガスは、その元素記号が示すように、

水素と酸素が2対1で混合された酸素水素ガスなので、

H2水素とは一線を画しますし、

ミトコンドリアが活性化する酸素も摂れます。

一石二鳥の酸素水素ガスがHHOガスなのです。

 

本来であれば分子結合したH2は体内で、

分解酵素の力によってHとHに分けられる作業が発生します。

ここで有限の生命資産である酵素を消費するのです。

一方、HHOガスは分子結合していない不安定な水素H、

いわば「活性水素」として取り出されます。

分子結合をほどく必要がないので酵素は消費しません

とにかく早く安定化したい活性水素は、

活性酸素OH-と結合してH2O(水)となり、尿として体外に排出されます。

分解に使われない酵素は、代謝酵素として使われます。

そのぶんパフォーマンスアップや怪我防止に直結するので、

酵素を無駄遣いしないHHOガスは、

アスリートやスポーツシーンにうってつけなのです。

 

もちろんこれまで通り水素水も併用しながら、

練習や試合の前後でHHOをガスを吸入して頂いている姿を夢見て、

プロアスリートはもちろん、スポーツや運動をされる皆様に拡げていきたいと思っている所存です。

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。