植物は酸素が嫌い

お問い合わせはこちら

植物は酸素が嫌い

植物は酸素が嫌い

2020/12/16

これまでブログで何度も書いているように、

人間を含めた動物の身体を傷つけるものとして、

酸素の一形態である「活性酸素」があり、

それを除去するのが水素です。

そして、植物にとっては「酸素」そのものが“不要”であり、

擬人化して言えば、「植物は酸素が嫌い」だということをご存じでしょうか。

小学校の理科で習ったように、

植物は太陽光と水と二酸化炭素によって「光合成」をします

台地から水を吸い上げ、大気中から炭酸ガスを吸い込み、

太陽光の力を借りて植物体内にデンプン、炭水化物を作り出すのが「光合成」です。

植物は、子孫を残すために「種」を作ろうとします。

植物は動物のように酸素を吸うのではなく、

二酸化炭素を吸って太陽光エネルギーで水と反応させ、

この両物質に含まれる酸素を吐き出します。

CO2とH2OからOを追い出すと、残るのはCとH

つまり、炭素と水素が植物に必要だということが分かります。

そしてCとHが結合するとできる炭化水素が、植物の実を絞るとでてくる油になります。

この仕組みを基本にしてデンプンや糖質が生成されます。

光合成は、二酸化炭素(炭酸ガス)を原料とするので、「炭酸同化作用」とも言われます。

同化作用というのは、無機物から炭水化物、脂肪、たんぱく質などの物質を合成することです。

こうして、植物には不要だから放出している酸素を、

人間は山や森で吸って「空気がうまい」と言っているのです。

生物の循環、共存共栄の姿が在るのです。

動物と植物の共存関係から分かるように、

二酸化炭素は、酸素と同様に生物の成長を左右する重要な物質です。

現在の環境問題で目の敵にされている二酸化炭素は、

植物からしてみたら、絶対に減らしてほしくない大気成分なのです。

今、世界は二酸化炭素削減に躍起になっています。

日本企業も細かい計算をして少しでもCO2排出量を減らそうとしていますが、

たとえば、地震の影響で大きな火山噴火などがあれば、

大量の二酸化炭素が溢れますから、そんな緻密な計算など一瞬で吹き飛びます。

CO2を減らすことばかり考えず、有効利用の方法を考えたほうが建設的だと思うのです。

植物には酸素が不要で、二酸化炭素が必要だと先述しました。

つまり、二酸化炭素は植物の成長のエサになるとも言えます。

CO2をエサにして飛躍的発展を遂げた企業に、新潟の「雪国まいたけ」があります。

前社長の大平喜信氏は、農業用ボイラーで燃料を燃やしたCO2が豊富に含まれる排ガスを

ビニールハウス内に入れたところ、作物の成長は飛躍的に早くなったそうです。

さらに、温室効果で暖房効率も上がり燃料代が安くなるという良いこと尽くめで、

人工栽培が難しいとされていたマイタケの大量生産が可能になったという話です。

 

アメリカ・アリゾナ州の森林でも、樹木より高い20mのポールの先端に、

固形二酸化炭素、つまりドライアイスを設置して、

1年間二酸化炭素を放出し続けるという取り組みがおこなわれました。

結果は、他の地域の森林に比べ2倍近くの成長率でした。

 

もちろんこれらの成長促進には、CO2以外にも、

水に含まれる水素が大量に使われていることは言うまでもありません。

植物における水素の、そして二酸化炭素CO2の重要性を、

もっとよく認識・理解し、活かすことを考えるべきです。

八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。