難病治療とステロイド

お問い合わせはこちら

難病治療とステロイド

難病治療とステロイド

2020/12/17

今回はステロイドについて書きます。

ここでいうところのステロイドは、

主な成分として糖質コルチコイドあるいはその誘導体が含まれている

ステロイド系抗炎症薬「SAIDs」のことです。

筋肉増強剤としてのステロイド

有機化学物質としてのステロイド

生理活性物質としてのステロイド

ではないことを予めご理解頂いた上でお読みください。

  •  
  • 難病指定の症状を訴える患者が医者に問います。
  • 「私の病気は治りますか?」と。
  •  
  • 医者は何と答えるのでしょうか?
  • 治ると言いたいが…言えない。
  • 治らないと言うと患者が傷つくかもしれない。
  • 心優しき医者はなんとかごまかそうと
  • 「クスリで症状を落ち着かせて様子を見ましょうか?」と言うかもしれません。

 

800種類以上ある難病の数々ですが、

実際に使われるのは「ステロイドと免疫抑制剤」の2種類の薬剤だけです。

 

ここで重要かつ必要なのは、

『ステロイドが処方された=不治の病』という認識です。

医学的にステロイドで治る病気はありません。

 

ステロイドは強力な抗炎症作用を持ち、

代謝の大元をブロックすることで劇的な症状鎮静化をもたらします。

「よく効くクスリ」とされますが、実は良くなったというのは錯覚です。

 

これは言ってみれば麻酔のようなもので、

症状をスパッと緩和するのは、神経感覚を一時的に断ち切るのに似ています。

麻酔から覚めて感覚が戻ってくるように、ステロイドの抗炎症作用も一時的なものです。

同じ効果を継続して得ようと思ったら、一度使うと止められなくなってしまいます。

より強い薬剤へと移行し、最後には使うクスリがなくなるので

医者としては、「そのまま使い続けなさい」と言うしかないのでしょう。

 

ステロイド使用しない治療を否定・批判する医療者は多いですが、

どちらを選ぶかは個々人の判断です。

「治る」ことの解釈・概念における価値観が違うので、

ステロイドを使用しないと決めた人を叩くのは絶対にやめましょう。

身近なところでは、虫刺されに使う塗り薬にも、

その他のかゆみ止め市販外用薬にもステロイドは入っています。

知っていて使うのと、知らないで使うのは後々の対処が変わってくると思います。

ステロイドの成分を調べると、

プレドニゾロン、デキサメタゾン、ベタメタゾン、

フルオシノロンアセトニド、ヒドロコルチゾンなどの名称が出てきます。

薬剤の成分表や注意書きを確認することは大切です。

私は虫刺されのときにはステロイド不使用のアロマクリームを使っています。

現在、日本で指定難病とされている病気は333種類です。

ここで言う難病は自己免疫疾患です。

自己免疫疾患は、

自分自身の細胞に対して攻撃する抗体を作り続けてしまう

病的な免疫異常とされています。

リウマチ、パセドー病、橋本病、クローン病、

潰瘍性大腸炎、重症筋無力症、多発性硬化症、など…

要は、自分の異常抗体の標的となる細胞が、

小腸ならクローン病、

大腸なら潰瘍性大腸炎、

甲状腺なら橋本病、

という具合で病名がつきます。

 

ひたすらに自分の免疫で自己を破壊し続け、

破壊された細胞組織を修理し続けます。

身体のホメオスタシス(恒常性を保つ本能的な機能)は、

休むことなく治し続けます。

治す過程で炎症が起こりますが、ステロイドは治癒反応である炎症を抑えます。

しかし炎症は抑えられても、破壊自体を止めることはできないので、

腫れや痛みが引いて一見症状は良くなりますが、一時しのぎなのは明白です。

 

ステロイド・免疫抑制剤というのは、

異常な免疫のみならず正常な免疫まで抑えます。

すなわち、状態をAIDs(エイズ)に近づけるということです。

エイズは、免疫不全による肺炎や発ガンと戦い続ける病態です。

つまり感染症罹患リスクが高まるということです。

それでなくても、巷で感染拡大しているとされる新型コロナウィルス(肺炎球菌)があります。

安易なステロイド・免疫抑制剤の使用は慎重にすべきだというのが私の考えです。

八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。