白血球からたどる自然治癒力

お問い合わせはこちら

白血球からたどる自然治癒力

白血球からたどる自然治癒力

2020/12/20

白血球のはたらきといえば、異物や菌を食べたり、抗体を作ったりしています。

がん細胞を処理するNK(ナチュラルキラー)細胞も有名になりました。

赤血球も含め、一連の血液細胞は造血幹細胞という1種類の細胞から分化していると言われます。

肺炎のような菌感染症に罹ると「好中球」が。

麻疹のようなウイルス感染症に罹ると「リンパ球」という種類が増えます。

誠見事に役割分担ができています。

この白血球という1種類の細胞に、違う役割を持つ型が数タイプ存在するのです。

ここで疑問が湧きます。

どの型になるかを、どうやって決めたのか?

過不足の判断はどうやっているのか?

なぜ異物(非自己)を判別できるのか?

食べたものは異物と認識しないのか?

生涯記憶される免疫抗体は、どうやって情報を継代しているのか?

なぜがん細胞を認識できるのか?

言われてみれば不思議だと思いませんか?

これは血液内科専門医に聞いても答えられないそうです。

それでも否定できない事実の数々。

白血球だけでなく、身体の全細胞が健康を維持しようと全力で淡々と働き続けています。

本人の意思とは無縁の、誰も解明できない宇宙の理、

これを自然治癒力の偉大さと言わずして何と言えましょう。

白血球は身体の中にどれくらいいるのでしょうか?

1mlの1000分の1の血液の中に4000~8000個と言われています。

もっと分かりやすく言うと、

1円玉(1ml)の中に400万~800万個の白血球が存在するということ。

全血液中の白血球の数を計算すると、

1人の身体の中に200憶~500憶個の白血球が流れていることになります。

この中に「対ガン専門部隊」NK細胞も150万~200万個もの数で、

全身をくまなく巡回パトロールしているのです。

 

ここで新たな疑問が浮かびます。

そんな厳重なNK細胞包囲網をかいくぐって癌細胞が見逃されるって…。

どうやっったらガンになれるの?

 

NK細胞を警察に例えて考えてみると、

ウジャウジャと警官に囲まれた中で、ひったくりに遭ったようなものです。

そんな状況で癌になってしまった・・・。

どうしてでしょうか、実に不思議ですよね。

以下の3つの理由がかんがえられると思います。

1.白血球がうまく動けなかった(血液がドロドロ)

2.白血球の質が悪い(新陳代謝の問題)

3.免疫細胞がたどり着けない場所に発生した(冷えによる毛細血管のゴースト化、血の巡りが悪い)

 

これでは、昨日のブログに書いた体温も高く保てません。

とても健康とは言えない状態です。

宿主たる人間の生活環境に影響があるのではと考えざるを得ないのです。

白血球も赤血球も、役割を果たせる血管内環境を整えてあげなくてはいけません。

そのためには、まず現状把握!

当サロンでご自身の血液の状態を大型モニターに映しリアルタイムで確認できます。

ぜひお越しくださいませ。

八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。