安定とは結果するもの

お問い合わせはこちら

埼玉にある水素サロンセルくれんず|安定とは結果するもの

埼玉にある水素サロンセルくれんず|安定とは結果するもの

2021/01/02

「金持ち父さん貧乏父さん」という本をご存じの方も多いと思います。

長きにわたって、『成功法則のバイブル』と言われる一冊です。

具体的な中身は読んでもらうとして、肝心なのは“働きかた”です。

日本政府は、働きかた改革を打ち出して久しいですが、

残業を減らしたり、育児休暇を取りやすくしたところで、

そんなのは経営者に人情があれば当たり前にやっいるはずですから、

今まさにそれに取り組んでいます!とホワイトアピールしている企業は、

もれなく人でなしブラックだと自ら手を挙げているようなものです。

 

ロバート・キヨサキ氏の持論に「キャッシュフロー・クワドラント」があります。

資本主義の中で働いているひとは、4つの領域の中に必ず属しているという理論です。

会社に雇われているサラリーマン、給料をもらう働きかたは「E」クワドラント。

自営業、開業医師、家族経営のコンビニなどフランチャイジー店舗経営は「S」クワドラント。

サラリーマンを雇う経営者、フランチャイズの本部経営者は「B」クワドラント。

経営者のビジネスに出資したり、投資でお金を増やす「I」クワドラント。

 

左側の「E」「S」はお金持ちとは言えず、

お金持ちになるには右側の「B」「I」に属さなければならないと、

ロバート・キヨサキ氏は言っています。

ロバート・キヨサキ氏から直接、成功哲学を学んだという

西山啓道氏も著書「馬鹿は死んでも馬鹿」の中で言っています。

ここで言うところの「馬鹿」というのは、

「E」「S」クワドラントの属していて、

「B」「I」に移ろうとする人を、安定と愛の名のもとに引き留める人のことです。

時間泥棒とかドリームブレイカー(夢泥棒)とも言います。

極論すると、『リスクを冒さず安定を望み、リスクを冒そうとする人を蔑む』のが馬鹿です。

こういう馬鹿は、道具として使ってこそ意味のあるお金を溜め込んで安心するので、

経済を停滞させている原因になっていることに気づいていません。

お金の使いどころも理解していないので、添加物だらけの成分不明の安い食べ物で済ませ、

それが健康を蝕んでいることも知らずに、癌や生活習慣病や新型コロナが怖いと言っているのです。

 

おそらく、世の「E」「S」に属する人たちの言う「リスク」は、

「お金を失う=損」と同意だと思います。

昨年のブログでも書きましたが、それこそが「お金のブロック」であり、

ブロックを壊さない限り、絶対に右側の「B」「I」にはなれません。

お金持ちは人のためにお金を使うから、感謝の対価としてお金が返ってきますし、

貧乏人は人のためにお金を使わないから、誰からも感謝されずお金が回りません。

雇われ根性の染みついたサラリーマンや節約上手の主婦が、

絶対に金持ちになれないのはお分かり頂けましたか?

 

例えば、サラリーマンが給料をキャバ嬢に使うほうが少なくとも一人の女性からは感謝されて、

仕事の契約に繋がる可能性があるし、

材料費をつぎ込んで、節約に燃える主婦に支持される節約グッズを発明する主婦のほうが、

特許権などの権利収入でお金持ちになる可能性があるということです。

 

こんなことを書く、私はどうなんだと言われそうなので、明らかにします。

私は「お金のブロック」は外れている自負があります。

表向きは、整体師・水素サロンオーナーとして左側「S」に属しながら、

ビジネスの動き自体は右側「B」クワドラントにあると思っています。

『人の健康的生活の役に立つ』モノを、いかにビジネスの形で拡めるか、

協力してくれた人にどう恩返ししようかといつも考えています。

 

元セールスマンとして、私以外でも売りやすい健康商材にいつもアンテナを伸ばしています。

商材が売れた時に、私に権利収入がどのように入ってくるのか交渉するのが、

私の今の「B」クワドラントの仕事です。

ゆくゆくは「S」クワドラントの水素サロン・整体の売り上げがたとえゼロでも、

「B」クワドラントの収入で、事務所兼サロンとして人に任せて存続させていければと考えています。

 

たとえサラリーマンでも、キャッシュフロー・クワドラントを知れば、

意識だけでも右側に移って、会社の仕事でも成果を出せるようになります。

2021年は、私に関わるたくさんの人に「Bクワドラントの働きかた」に目覚めてもらいたいと思います。

八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。