コロナ禍だからこそ読んでみて欲しい本

お問い合わせはこちら

埼玉にある水素サロンセルくれんず|コロナ禍だからこそ読んでみて欲しい本

埼玉にある水素サロンセルくれんず|コロナ禍だからこそ読んでみて欲しい本

2021/01/05

新型コロナ騒動による緊急事態宣言、自粛要請、マスク警察…

2020年はパンデミックを利用した、新しい生活様式「ニューノーマル」を浸透させるための

プロモーションなのでは?と思うくらい変化した年でした。

2021年も年明け早々に首都圏に飲食業を狙い撃ちしたような緊急事態宣言が出されそうですし、

海外でも変異したコロナウィルスが猛威を奮っているとかでロックダウン。

次々に押し寄せる変化の波。

この波状攻撃によって、流されたり、溺れたりしないように、

読んでもらいたいオススメの本があります。

「チーズはどこに消えた?」は、世界で2400万部のベストセラー。

日本でも2000年に発売以降400万部を超える大ヒット本です。

自己啓発、ビジネス哲学、果ては児童書など多岐に渡るジャンルで売れ続けています。

2匹のネズミと2人の小人を中心とした物語は読んでもらうとして、

この本のテーマは、

『変化する世界にいかに適応するか』です。

自分は登場人物の中の誰に共感するだろう?

本の中では物語とは別に、オフィスでその内容に関して同僚と議論を交わす場面も描かれています。

「チーズはどこへ消えた?」の続編がこちら、

『迷路の外には何がある?』です。

 

「チーズはどこへ消えた?」の読者から以下のような質問が寄せられたそうです。

「なぜ、変化に適応できる時もあれば、できない時もあるのか?」

「どうすれば、変化する世界にもっと素早く容易に適応できるのか?幸せになれるのか?」

 

これらの質問に対して続編という形で、

変化に適応するためには、自分の古い“信念”の檻から出ることだ

という筆者からの回答が示された一冊です。。

 

物語の中で語られているのは、

「信念」の持つ力の強大さ、「信念はいつでも簡単に選べる」ということ。

 

「信念」というと難しく聞こえますが、「自分が真実だと信じる考え」のことです。

 

信念の力はとても強く、どんな信念を持っているかで人生はガラッと変わります。

「自分には夢を実現できる力がある」と信じている人と、

「自分には、何の能力も価値もない」と思っている人とでは

たとえ持っている能力は全く同じだったとしても、

歩む人生が全く異なるものになることは想像に容易いでしょう。

 

たいせつなのは、

誰しも考えはいつでも変えられるし、

今の「信念」が違うと思ったら、

いつでも新しい信念を選び取ることができるということ

 

だから、まずはあなた自身が今持っている「信念」、

真実だと信じていることを、「それって本当にそうなの?」と疑ってみること。

 

『信念』をアップロードし続ける

それが変化に適応するということだと私は思います。

先述の2冊の本の著者、スペンサー・ジョンソン氏が贈る、

新たな人生の指針が『頂きはどこにある?』です。

谷間に住む不幸な若者。

彼は、まだ見ぬ世界をもとめて

必至で山の頂きへと登り、

そこで不思議な老人に出会う。

老人が教えてくれたのは、

「山と谷の対処法」ー

仕事と人生における

良い時期と悪い時期を

思いどおりに操るスキルだった!

 

今回紹介した3冊とも水素サロンにありますので、

読んでみたい方はお気軽にお声がけください。

 

新型コロナに怯え、ただ自粛していては思考が停止してしまいます。

私はこれをしばしば「牙をもがれる」と表現しますが、

自粛中こそ『信念』をアップロードするいい機会だと思うのです。

仮に、信念のアップロードを「牙を研ぐ」としましょう。

これまでの信念を構築していた事象が、コロナ騒動によって半ば強制的に崩れています。

世界中の誰もが信念のアップロードを余儀なくされているのです。

そんな状況にあって「この先どうなるんだろう」と不安で動けない人は置いてきぼりです。

 

今こそ変わりゆく世界をしっかりと視野に捉えて、“牙を研ぐ”絶好のタイミングなのです!

八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。