埼玉にある水素サロンセルくれんず|過去ブログ|疲労と筋膜と可動域と

お問い合わせはこちら

埼玉にある水素サロンセルくれんず|過去ブログ|疲労と筋膜と可動域と

埼玉にある水素サロンセルくれんず|過去ブログ|疲労と筋膜と可動域と

2021/02/28

私が提供する整体は、

マグネシウムを肌に塗って浸透させた後、筋膜の癒着を剥がす施術です。

マグネシウムは筋肉の伸縮に関わるミネラルなので、

不足すると足が「つり」ますし、ひどいと肉離れを起こしやすくなります。

筋膜は、鶏肉を調理したときに皮と身の間にある薄い膜のことです。

鶏やヒトのみならず、動物は筋膜を持っています。

筋膜について過去のブログに書いておりますので、紹介致します。

以下、3年前のブログを当時そのままコピペ☟

 

今、女性の筋トレ、特に「美尻トレーニング」が一大ブームです。

私も健康を保つためにカラダの筋肉で最も重要なのは男女問わず「おしり」だと思います。

 

ただ、可動域を拡げる施術を提供している整体師として言わせてもらえば

確かにお尻は「重要な部位」ではありますが、鍛えすぎるのも考えものです。

 

欧米人のような、プリンと上がったお尻に憧れが強いのだと思いますが、

日本人がそれを目指すには、ちょっとやそっとのトレーニングでは困難です。

それどころか、中途半端なトレーニングは将来寝たきりになるリスクが高まります

その根拠は、日本人と欧米人では骨格や筋肉の付き方が全く違うことを、

施術経験から知っているからです。

 

欧米人の骨盤は大きく前傾しています。

骨盤がまるで受け皿のようになっているので、

鍛えれば筋肉はどんどん上に積み重なるように付き、

まさにグッと上がって突き出た「出っ尻」となります。

 

反面、日本人の骨盤はそもそも後傾気味です。

骨盤が絶壁のようになっており、筋肉が壁に貼り付いているような状態なので、

大きくすると重力に負けます。座りっぱなしの生活習慣と相まって、お尻が垂れやすいのです。

これを理解せずに、美尻目指して無理をすると、腰痛に悩まされることになります。

実際、ボディメイクコンテストに出場するレベルで鍛えている人は、

慢性的な腰痛を抱えている人が少なくありません。

 

私たちにカラダは全身ストッキングのように「筋膜」に包まれています。

内蔵や筋肉もそれぞれ、すべてです。

「筋膜」はコラーゲン質でできており、

本来はツルツルと筋肉どうしの摩擦を減らして動作をスムーズにしてくれます。

 

ところが、ストレスや疲れ、トレーニングで疲労物質がたまると「筋膜」はネバネバになり、

隣り合う筋膜どうしで癒着しコリになります。

そうすると可動域が制限され、スムーズに動作がおこなえなくなります。

 

この「可動域の制限」にお尻を鍛えすぎるリスクがあります。

お尻の筋肉は鍛えれば鍛えるほど、硬くなるのです。

 

お尻の筋肉が硬い人ほど、腰痛やヒザ痛だったり、歩くとつまづきやすいなど、

全身の不調に悩んでいることが多いです。

 

お尻の筋肉は歳とともに硬くなる傾向もあるので、

意識して日々ゆるめて、やわらかく維持する必要があります。

 

鍛えっぱなしで、ゆるめる事なく放置すると「筋膜」が癒着しまくりの

動けない不健康マッチョになってしまいます。

 

現状でお尻の筋肉に柔軟性がなくなっているなら、

お尻は「鍛える」のではなく「ゆるめて、やわらかくする」のが正解です。

オーサムはっちぃは癒着した筋膜をはがす施術と、日々のセルフケアを提供します。

以上、コピペここまで

 

現在も施術の指針として、筋膜をはがすというのは変わっていません。

が、現在は『お尻の筋肉が固い人は、腰痛に悩んでいる』のは間違いないと思っています。

お尻の筋肉が固い=上手く使えていないということ。

お尻が上手く使えないと、骨盤で体重が分散できず、腰椎の負担が増えます。

結果、腰痛やギックリ腰になってしまいます。

春が近づいて温かくなってくるこの時期、若干筋肉が緩むので骨がズレやすくなります。

常に腹圧を意識して腰には注意してください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。