埼玉にある水素サロンセルくれんず|発泡酒をビールらしくするために入れられるもの

お問い合わせはこちら

埼玉にある水素サロンセルくれんず|発泡酒をビールらしくするために入れられるもの

埼玉にある水素サロンセルくれんず|発泡酒をビールらしくするために入れられるもの

2021/08/23

発泡酒はビールのように見えてビールではありません。

値段も、原材料も、製造方法も違います。

麦芽の使用率が原料の3分の2以上のものをビールといい、3分の2に満たないものを発泡酒としています。

「第3のビール」といわれる新ジャンルになると、麦芽はまったく使用されません

穀類、糖類などの原料を用いて作られています。

当然、ビールらしくするために、食品添加物もかなり使われています。

麦芽使用率や原材料の違いによって、かかる税率が違うため、ビールに比べて安く売ることができるのです。

グラスに注いでしまえばビールにしか見えませんが、おそらくビール好きの人で、ビールより発泡酒のほうが、第3のビールのほうが美味しいと思って飲んでいる人などいないでしょう。

消費者が安さを求めるから、メーカーも作るのです。

消費者が、ビールより安くて酔えるものを求めている限り、発泡酒はなくならず、新たなジャンルもどんどん増えていくことでしょう。

発泡酒はビールではないと割り切って飲む分には構いませんが、何やら食文化の貧しさを感じるのは私だけでしょうか。

ビールにはビールの歴史があり、ビールの本当の良さがあるはずです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。