日本人にこそ一生涯の筋トレが必要!

お問い合わせはこちら

日本人にこそ一生涯の筋トレが必要!

日本人にこそ一生涯の筋トレが必要!

2020/11/30

筋トレは病気の死亡率を下げることが証明されています

2013年、アメリカ・スローンケタリング記念がんセンターのレマンヌ氏らは、

「筋トレ」と「がんの死亡率」の関係を証明しました。

がんと診断された18歳から81歳の男女2863名を対象に、

筋トレによる死亡率への影響を調査したのです。
その結果、

トレーニングを1週間に1回以上行っているケースと、

トレーニングをしていないケースと比べ、がんの死亡率が33%減少しました

また、レマンヌ氏らは「健康増進のためには有酸素運動だけでなく、

フィットネスでの筋トレを促すべきである」とも述べています。

自重でも構わないから、筋肉にしっかり負荷をかけて伸縮させなさいということです。

その後、筋トレは、がんによる死亡率の減少だけでなく、

すべての病気による死亡率を下げることもわかりました。

アメリカ・ミシシッピ大学のダンケル氏らは、

「病気による死亡率と筋トレの関係について」の調査を実施し、

20歳以上の男女8772名を対象にして平均6.7年の追跡調査をおこないました。

その結果、トレーニングを継続的におこなっている場合、

トレーニングをしていない場合に比べて

すべての病気の死亡率が23%減少することが示されました。

また、この死亡率の減少は、1週間に2~3回の頻度で継続的にトレーニングを行っている場合に有意であり、

それ以上(例えば週5回)では死亡率の減少効果が低いことが明らかになりました。

ツライ思いをして毎日やらなくても良いということです。

シドニー大学のスタマタキス氏らは、2017年に調査をおこないました。

週2回以上のトレーニングと週150分以上の有酸素運動が与える

「がん」と「すべての病気」による死亡率への影響について調べた、

30歳以上の男女8万306名を対象にしたかつてないほど大規模な調査です。

その結果、がんによる死亡率は31%減少し、

すべての病気による死亡率は23%減少することが明らかになりました。

 

併せて「ジムでのトレーニング」と「家での自重トレーニング」による影響も調査しています。

結果は、ジムでも家でも同等の死亡率の減少を示し、

両方の環境で行えばさらなる死亡率の減少が認められたのです。

アメリカなどの諸外国では、フィットネス文化が一般層に浸透しています。

中国でも、タイでも、カンボジアでも都市部の河川沿いには誰でも使える

フィットネス器具が設置されており、大人数で体操している姿も当たり前のように目にします。

それと比べると日本はなかなか運動が身近に感じられません。

夏は暑いからと冷やし過ぎて、冬は寒いからと熱し過ぎる環境技術ばかりが発展し、

日本人は居心地のいいぬるま湯に慣れてしまっています。

人の身体はある程度環境に対応できるようになっています。

暑かったら放熱のために汗が出るし、寒かったら熱を生むためブルブル震えます。

どんな季節でも晴れたら外に出て身体を動かすだけで免疫力は高まるはずなのです。

それをしないから日本人は癌患者が減らず、死亡率も下がらないと思うのです。

必ずしもストレスは絶対悪ではありません。

 

運動なくして病気を予防することはできず、

食習慣だけで健康になることは絶対に無理です。

NO FITNESS , NO HEALTH なのです。

 

運動で生じた活性酸素による酸化ストレスは水素で除去できます

セルくれんずで、トレーニングと水素の相乗効果を体感してください!

八戸直輝(はちのへなおき)

八戸直輝(はちのへなおき)

水素サロン・セルくれんず代表

紹介文
水素サロン・セルくれんず代表の八戸(はちのへ)と申します。
青森県出身。1979年1月1日生まれのおめでたい男です。文教大学入学を機に越谷に住み始めて20年になります。
これまではフリーの整体師兼トレーナーとして都内中心に活動しておりましたが、
新型コロナウィルスの騒ぎで個々人が免疫力を高める必要性が叫ばれる中、
第二の故郷とも言える越谷に、地域の皆さんの健康増進を応援するサロンを構えることにしました。

私は大学卒業後は会社勤めの営業マンでしたが、その不摂生が祟り34歳で重度の糖尿病と診断されました。
紆余曲折ありましたが、病院や薬の力を借りずに自分なりの健康法を確立し、1年間で糖尿病を克服しました。
今や検査をしても糖尿病と言われることはありません。
会社勤めを辞め、その経験を活かして「糖尿病は治らない病気ではない」ことを発信し始めました。

糖尿病は生活習慣病を言われますが、糖尿病を知れば知るほどその症状は様々な病気の原因になっていることが分かってきます。
私の会社員時代と同様の一般的な生活習慣の人の大半は糖尿病、あるいはその合併症に似た病気を患っています。

はっきり言って私が糖尿病を克服した方法は非常に効果的ですが、かなり辛いです。
特に高齢になればなるほど実践が難しく、なかなか続く人がおらず苦労していました。

そんな時、修行僧のような厳しい節制をした私より、簡単に糖尿病を克服した人達に立て続けに出会い始めます。
克服方法は人によって様々でしたが、それらの中でも私がもっとも気に入ったのは「水素療法」でした。

当たり前のことですが、生活習慣病を予防するには別の生活習慣に変えるのが手っ取り早いのですが、
仮に効果的でも辛ければ習慣化できません。日々の生活の中でまったくストレスなく実践できるのならそれが一番です。

そして健康的な生活習慣を実践し続けるにあたってネックになってくるのはコスト、料金だと思います。
このセルくれんずは、たくさんの方のご協力を得て、「相場の半額」というリーズナブルな料金で水素ガスを提供します。
水素水体験や返金保証制も設けております。

お気軽にお立ち寄り頂いて効果を実感して頂き、水素習慣を日々の生活に取り入れるきっかけの場になれば幸いです。
趣味
バスケットボール
ボウリング
ビデオゲーム
ファスティング

閉じる

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。

<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。

<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。

お名前
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。